戸塚区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

とつか歴史探訪 ■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第60話 〜柏尾の老松供養碑〜 

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena

 東海道「柏尾小入り口」の信号から南東へ300mほど坂を上り、柏陽台団地の公園を右折し石垣を左に見て進み、石段を上ると藪の中、心細い道を進むと頂部に「老松供養碑」があります。供養碑の片面は「供養塚」、もう片面は「松枯れて名のみ残れる供養塚」と平戸の三枝木林之助さんが詠んだ句を刻み、明治42年(1909)に川上村下柏尾の人達が建てたとあります。

 この供養碑は1mほどの高さですが、台座の上に一ひねりした情緒のある形をして乗っています。此処にあった老松はオーバーなところもありますが楽しい話が残っています。

 この松は想像を超える巨木であったらしく、近所の若者は農閑期にはこの木に登り東京湾や相模湾を眺め天守閣にいるような気分になったそうです。松の木は明治初期に枯れてしまったので張り出した下枝で数百の臼を作り、またその先で作った薪は家々に数百束も配られ、数年分の燃料になったといわれています。生活に潤いをあたえ、枯れた後も施しを与えた老松に住民は感謝し、この供養碑を建てたといいます。

 この小高いところは鐘鋳塚とも呼ばれ、現在の成正寺の前身である天台宗法満寺という柏尾に初めての寺が建てられたとき鐘を鋳造したところです。法満寺は焼失し鐘は何者かに持ち去られました。成正寺に残されている記録から鋳造後に記念樹として植えられたのがこの松であることが読み取られました。
 

戸塚区版のコラム最新6

スマイルガーデン

おいしいもの とつかブランド vol.8

スマイルガーデン

横濱フリアン(プレーン:税込150円チョコ・抹茶:税込170円)

5月7日号

今日はブレイクタイム!訪問歯科診療について

とつか歴史探訪

とつか歴史探訪

■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第62話 〜源頼朝が進軍した鎌倉道中道〜 

4月29日号

「仲間とは、一生涯の宝」

団員募集中 魅力たくさん!戸塚消防団

「仲間とは、一生涯の宝」

Vol.1 鈴木進団長

4月15日号

とつか歴史探訪

とつか歴史探訪

■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第61話 〜時宗のお寺(冨塚山)親縁寺(しんねんじ)〜 

4月15日号

口腔乾燥の対応と受診について

お口の健康塾 Vol.4

口腔乾燥の対応と受診について

4月1日号

平成横浜病院

過度な受信控えは健康上のリスクを高める可能性があります。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter