神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区版 公開:2021年11月25日 エリアトップへ

(PR)

おかげさまで (株)横浜セイビ創業40周年 家事代行サービスのコピエ設立10周年 「地域、お客様、社会に貢献し続けていきたい」

公開:2021年11月25日

  • LINE
  • hatena

 「地域の皆様、お客様、関係する企業の皆様のお力添えで私たちのいまがあります。これからも一緒に歩ませていただきたい」

 今年創業40年の節目を迎えた『(株)横浜セイビ』の川口健治会長は、改めて襟を正す。

 社会・地域貢献に長年にわたり取り組んできた同社。市内外の医療機関や、社会奉仕団体・ロータリークラブなどへの寄付を継続するほか、老人ホームで開かれる祭りやバザーには、品物の提供を行う。また、汲沢町の本社周辺の路上では、毎朝、社員がゴミ拾いを続けている。

 こうした活動は、「自社の利益のみを追求してはならない。地域と社会に貢献してこそ、会社の存在意義がある」という企業理念によるものだ。

 その表れとして、社会的責任を果たす企業に与えられる「ISO」を20年前に取得。以後も横浜型地域貢献企業最上位認定、かながわSDGsパートナー登録認定、横浜市SDGs認定制度「Y―SDGs」第1回認証事業者認証など、行政からも評価を得る。

ビルメンテに活路

 1981年に設立された横浜セイビ。当初は環境用品専業事業としてスタートしたが、数年後には現在のビルメンテナンス事業に進出した。日本経済はバブル期に入り、ビルの建設ラッシュが起こりメンテナンス需要は拡大、安定した経営状況となった。しかし、川口会長は体調を崩し、数回にわたり入院を余儀なくされる。この危機を救ったのが社員の頑張り、周囲の支えだったという。「この経験から改めて会社は、お客様、社会や地域、社員から信頼を得ることの重要性を再認識しました」と振り返る。その後、千葉県市川市にあるショッピングセンターの清掃、川崎市立多摩病院の施設管理を担い、拠点として事業拡大を進めている。

社長職バトンタッチ

 川口会長は次の手を打つ。それが家事代行サービスのコピエの設立だ。核家族化の進行、少子高齢化を見越し「家事代行」に着目。この新事業を任されたのが子息の川口社長(当時は常務)で、当初は苦戦を強いられたが、現在は固定客を確保。軌道に乗り、来年2月に設立10周年を迎える。そしてこのタイミングで社長職をバトンタッチした。

 川口社長は「当社は『社会の縁の下の力持ち』として、皆様に必要とされる会社でありたいと切に願っています。これからもよろしくお願いいたします」と話す。

川口社長・会長を支えている社員
川口社長・会長を支えている社員
商業施設で清掃業務を担うスタッフ
商業施設で清掃業務を担うスタッフ

㈱横浜セイビ

TEL:0120-957-757

https://yokohama-seibi.co.jp

戸塚区・泉区版のピックアップ(PR)最新6

"遠い耳"に対策を

パナソニック補聴器

"遠い耳"に対策を

エース緑園店で相談会

6月13日

本紙読者限定割引チケット

本紙読者限定割引チケット

戸塚CCで開催 資生堂 レディス

6月13日

東急直通1年、注目高まる「いずみ野線」

東急直通1年、注目高まる「いずみ野線」

東急リバブル 二俣川センター

6月13日

有料老人ホーム等の「無料相談会」

有料老人ホーム等の「無料相談会」

6月27・28日 戸塚公会堂

6月13日

”補聴器”を試してみませんか?

あなたのライフスタイルに合った

”補聴器”を試してみませんか?

7月20日までキャンペーン 期間中特典あり  

6月13日

基礎から始めるマネー講座

「貯金だけ」はもう卒業 女性限定

基礎から始めるマネー講座

6月13日

平成横浜病院

横浜市の健診・検査

https://yokohamahp.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

戸塚区・泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook