戸塚区版 掲載号:2021年12月16日号 エリアトップへ

とつか歴史探訪 ■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第73話 〜道で見かける石仏・庚申塔:その3 区内の庚申塔〜

掲載号:2021年12月16日号

  • LINE
  • hatena
大坂下の庚申塔群
大坂下の庚申塔群

 戸塚区には160基ほどもある庚申塔ですが、上倉田蔵田寺の明暦2年(1656)のものは、恐らく横浜市内でも最も古い方と考えられます。主尊が地蔵菩薩で、三猿でなく二猿になっているなど、後代の典型的な庚申塔のイメージとは違っています。舞岡の寛文2年(1662)のものも古いですが、主尊は阿弥陀如来です。

 庚申塔が5基〜10基と並び、いわゆる庚申塔群をなしている場所が多くあります。冨塚八幡宮の社殿の奥には青面金剛を主尊とする庚申塔として区内で最も古いと思われる寛文11年のものを含め8基の庚申塔が建っています。上倉田の子之八幡社には9基の庚申塔が並んでいて壮観です、寛文7年(1667)から昭和14年(1939)まで実に250年以上にわたり建てられています。バスからもよく見える東海道の大坂下には道路に面して8基が建っています。庚申塔群に並んだ庚申塔を見ていくと主尊が初期の阿弥陀如来などから青面金剛が主流となること、また江戸時代も後期になると文字塔が増えることなど時代の変遷が分かります。

 台石には庚申講(庚申待ち参加者グループ)の人の名前が刻まれているものがよくあり、苗字も記されているのが普通で、よく言われるように「江戸時代の百姓には苗字がなかった」訳ではないことが分かります。

 庚申塔には、土地の人の心が今も生き続け、花や供物などが供えられているのをよく見かけます。これからも地域の文化財として大切にしたいものです。

戸塚区版のコラム最新6

とつか動物園コーナー Vol.18

とつか歴史探訪

第79話〜旧益田家とモチの木〜

とつか歴史探訪

5月12日号

トツカ・スポーツのススメ!

区内スポーツ団体紹介コーナー

トツカ・スポーツのススメ!

No.3 戸塚区陸上競技協会 

5月5日号

今日はブレイクタイム!訪問歯科診療について

お口の健康塾2nd Vol.5

今日はブレイクタイム!訪問歯科診療について

5月5日号

ぷち らぱん

おいしいもの とつかブランド vol.21

ぷち らぱん

クリームホーン 260円(税込)

4月21日号

色とりどりの「つつじ祭り」

俣野別邸庭園 花だより Vol.4 

色とりどりの「つつじ祭り」

4月23日〜5月5日

4月21日号

平成横浜病院

人間ドックオプション検査

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook