戸塚区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

第79話〜旧益田家とモチの木〜 とつか歴史探訪

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
葉が茂る頃・葉が落ちたモチの木いずれも県教委資料より
葉が茂る頃・葉が落ちたモチの木いずれも県教委資料より

 不動坂交差点東側に位置していた益田家は、"護良親王が自由の身になられたとき京都にお連れする役目を仰せつかっていたが、親王が殺害されたのでそれが叶わず、この地に留まり宮の霊をお守りすることになった"・・と伝わります。国道から正面に邸宅があり、右手のコンクリート壁には、護良親王が潜伏した吉野山から天辻峠までの地形断面図が埋め込まれ描かれており、護良親王への並々ならぬ思い入れが窺えました。

 庭のモチの木は益田家の先祖が、南北朝時代の南朝の勢力分野である吉野の黒滝村付近から苗木を持ってきて植えたとか、樹齢は定かではありませんが300年とも600年とも伝わり、モチの木の北限とも言われます。東日本には少ないこのモチの木は1981年県指定天然記念物に、かながわの名木100選にも入っていた堂々たるもので「相模モチ」とも呼ばれました。2本あり、1本は高さ18m・根回り3・1m、その脇には高さ19m・根回り4・9mのいずれも雌株でした。

 しかし、枝が危ないなどからか2017年県教委の許可なしに1本の一部を切ってしまい県文化財保護条例違反のトラブルとなりました。その後2018年庭の隅に移植されましたが、2019年4月ほぼ全ての葉が落ち枯死と判断されました、枯死と移植の関係は分らないとされています。モチの木は地元町内会で子孫保存の取り組みもされているようですが、大切な文化財保護の難しさを感じます。益田家の跡地は水素ステーションに様変わりし、当時の面影はありません。

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

戸塚区版のコラム最新6

とつか博士のわが街クイズ Vol.9

とつか博士のわが街クイズ Vol.9

協力:とつかお結びころりん隊

6月23日号

梅雨を彩る「あじさい祭り」

俣野別邸庭園 花だより Vol.5 

梅雨を彩る「あじさい祭り」

6月18日〜6月26日

6月9日号

トツカ・スポーツのススメ!

区内スポーツ団体紹介コーナー

トツカ・スポーツのススメ!

No.4 戸塚区ソフトテニス協会 

6月9日号

とつか歴史探訪

第80話〜大名行列も礼を払った清源院〜

とつか歴史探訪

6月9日号

口腔乾燥の違和感について

お口の健康塾2nd Vol.6

口腔乾燥の違和感について

6月2日号

とつか動物園コーナー Vol.19

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook