金沢区・磯子区版 掲載号:2015年5月14日号 エリアトップへ

19日まで新宿で、22日からは区内ビアレヨコハマの展示会に出展する藍染デザイナー 杉戸 裕隆さん 能見台在住 44歳

掲載号:2015年5月14日号

  • LINE
  • hatena

「暮らしの中の美」求めて

 ○…「染物というよりも、藍色の絵の具で布地をキャンバスに絵を描いている感覚」。テキスタイルデザイナーや老舗工房の職人見習いなど紆余曲折を経て、自身の藍染表現を追求してきた。現在はサラリーマンとして働きつつ、実家の隅に工房スペースを設けて創作に励む毎日だ。「工夫さえすれば、狭いスペースでも結構なことができるんです」と笑顔を見せる。

 ○…絵が得意な少年だった。コンクールに出せば表彰され、教師から美術の道を勧められたことも。しかし夢中になったのはサッカーだった。「高2までやったが、ずっとベンチ組でした」と苦笑い。一方で中学生時代から、各地の美術館や工芸館を巡り、美的感覚を養っていく。中でも”入ってくるもの”があったのは「染物」。「絵描きになりたいと思ったこともあった。でも自分にとって染物ののれんが風で揺れる風景も絵画だった。暮らしに密着している美があった」。染物への憧れを強め、美大に進路を決めた。

 ○…「まさかネクタイを締めて、満員電車に乗るような仕事をするとは思わなかった」と笑う。妻子を抱え、藍染だけでは食べていけずに始めた会社員生活。しかし、そこには工房に籠っていては体験することが出来ない世界があった。「学ぶところが多いんですよねえ」としみじみ。野毛で初対面の会社員と酒を酌み交わす面白さも知った。藍染と向き合うのは平日、会社から帰宅しての2、3時間と週末と祭日という限られた時間。「この生活が、バランスが取れている。吸収したことを藍染に還元していきたい」と熱を込める。

 ○…展示会は新しいアイデアが生まれる場所でもある。新宿で開催中の会場にあるワンピースも来場者との会話から着想を得た。「作品は誰かに届けないと。自己満足になってしまう」。ルーブル美術館に藍染作品を掲げるという夢に向かい、あくまで暮らしの中にある「生ある美」を追い求める。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

橋本 昌幸さん

4月から横浜市三殿台考古館の館長を務める

橋本 昌幸さん

磯子区岡村在勤 61歳

5月12日号

カテリーナさん

【Web限定記事】横浜を拠点にウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」の演奏活動を行う

カテリーナさん

横浜市在住 

5月5日号

相馬 淳子さん

ラオスの織物や文化を伝える「PaTu」(パトゥ)の代表を務める

相馬 淳子さん

金沢区柴町在住 53歳

4月28日号

川井 康裕さん

久良岐能舞台の館長を務め、さまざまな企画を展開する

川井 康裕さん

磯子区岡村在勤 68歳

4月21日号

関森 雅之さん

4月1日付で磯子区長に着任した

関森 雅之さん

磯子区在勤 56歳

4月14日号

加古 潤二さん

少年野球チーム「横浜金沢V・ルークス」の代表を務める

加古 潤二さん

金沢区大川在住 55歳

4月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook