金沢区・磯子区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

杉田在住中野さん 棒高跳びで全国大会「銀」 自己ベスト更新の5m10

スポーツ

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena
メダルと賞状を手にする中野さん
メダルと賞状を手にする中野さん

 磯子区杉田在住で県立金井高校(栄区)3年の中野隼斗さん=写真=が8月5日、沖縄市で開かれた全国高校総体(インターハイ)の男子棒高跳びで、5m10の記録で2位タイに輝いた。高校で初のメダルに「これまで頑張ってきたご褒美なのかな」と笑顔を見せた。

 同大会の昨年、一昨年の1位記録は「5m」。顧問の尾崎孝教諭によると「5mは高校生の一流選手の1つの基準」。だが今年の決勝はその高さを6人が突破するハイレベルな争いとなった。

 中野さんの自己ベストも5mだが、決勝では2回続けて失敗。追い込まれた中、「跳んだことのある高さ。過去の自分に負けたくない」と気を持ち直し、ラストチャンスでバーを越えた。勢いに乗ると、大舞台で自己ベスト更新となる跳躍を見せて表彰台に達した。

春先のケガ越え

 中野さんの最大の武器はポールを使いこなす技術とスピード。尾崎教諭は「ポールへの力の加え方がうまく、最大限に反発力を引き出す」と話す。

 棒高跳びは小田中学校(金沢区富岡西)時代に顧問の勧めで始めた。先輩もいない中で工夫を重ねる日々だったが、関東大会で3位入賞、全国大会にも出場を果たした。

 高校最後の夏にかける思いは強かった。だが3月に肉離れを発症。5月の県大会前に灯った黄信号に「頭が真っ白になった」。そんな時に支えてくれたのは練習記録や顧問のアドバイスが綴られた「陸上ノート」。「これまでを無駄にしないよう、今できることをやろう」。この経験は精神的な成長にもつながった。

 秋には国体への出場を控える。「筋肉量がまだまだ足りない。そこを強化し、もっといい選手になれたら」と目を輝かせた。
 

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

利用促進で飲食店支援

市補正予算案

利用促進で飲食店支援 経済

消費者に5%分還元

9月16日号

小幡正雄氏が死去

小幡正雄氏が死去 政治

11期42年、市議務める

9月16日号

畑を彩る「磯子区の花」

畑を彩る「磯子区の花」 社会

氷取沢町の農業専用地区

9月16日号

今週末に野毛大道芸

今週末に野毛大道芸 文化

感染症対策施し、屋内開催

9月16日号

七志が「夢のらーめん」再現

お絵かきコンテスト

七志が「夢のらーめん」再現 社会

最優秀賞に汐見台小の宮田さん

9月16日号

金沢区民の作品募集

金沢区民の作品募集 文化

11月の文化祭で展示

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook