磯子区版 掲載号:2011年3月17日号

東日本大震災

磯子区でも影響 社会

滝頭・岡村の一部で停電も、夜には復旧

倒壊した、八幡神社の外柵
倒壊した、八幡神社の外柵

 3月11日に発生し、国内史上最大のマグニチュード9・0を観測した東日本大震災。磯子区内では、一部で停電となったほか、帰宅困難者約420人が磯子スポーツセンターなどの施設で一夜を明かした。

 大震災の発生を受け、区内の関係機関では対応に追われた。

 鉄道や道路交通網のマヒを受け、区では磯子スポーツセンターと根岸地域ケアプラザ、磯子公会堂を開放。帰宅困難者など約420人が、各施設で交通機関の再開を待った。

 また、杉田劇場やスポーツセンター、図書館などの施設では、翌12日を臨時休館にしたり、予定されていた公演を中止するなどで対応した。

 地震発生直後から、全国各地で発生したライフラインの停止。区内でも、岡村地区と滝頭地区の一部などで停電となったが、震災当日の午後11時ごろには復旧。水道については、主要な送水管への被害はなかったものの、数ヵ所で家庭に通じる引き込み管の漏水が発生。それらも翌日までには復旧している。

 磯子消防署によると13日現在、区内では地震による火災は発生していないが、救急では、1人が怪我を負った。

 そのほか、区内では1棟で一部損壊。また、原町の八幡橋八幡神社では、境内の石灯籠が倒れて壊れたほか、神社を囲む石の外柵がほぼ全て倒れるなどの被害を受けた。

 14日以降は、東京電力による計画停電があり、JR京浜東北線や京浜急行などは、本数を減らして運行。区役所では、機械式立体駐車場の使用を原則中止にする対応を取ったほか、杉田劇場などの区内各施設でも、停電時間や状況を見ながら、閉館時間を早めたり、臨時休館するなどの対応を行っていく。
 

磯子区版のトップニュース最新6件

まちづくり方針を改定

磯子区

まちづくり方針を改定

1月19日号

長島氏が出馬を表明

横浜市長選

長島氏が出馬を表明

1月12日号

区制90周年の標語決定

団地再生で共同事業体

横浜市とURなど5者

団地再生で共同事業体

1月5日号

区民と祝う区制90周年に

中期計画総仕上げに全力

関連記事(ベータ版)

磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/