港南区・栄区版 掲載号:2012年10月11日号
  • googleplus
  • LINE

オータムジャズコンサートに出演する「sauce」の代表を務める 樋口宗典(そうすけ)さん 都筑区在住 33歳

音楽で”志縁”広げる

 ○…港南台地区センターで10月28日に行われるオータムジャズコンサートに出演するバンド「sauce」の代表を務める。このコンサート限定で結成したメンバーはプロ歌手やスタジオミュージシャンと凄腕ぞろい。「ジャズの醍醐味はアドリブ演奏。会場の盛り上げで音楽も変わる」と観客の反応に期待する。

 ○…担当楽器はサックス。主旋律を奏でるサックスはバンドの花形で「一番気持ちいい楽器」。ジャズだけでなく、レゲエやポップス、クラシックも吹きこなす。元々スポーツ少年だったが、膝を痛めたことをきっかけに高校入学とともに吹奏楽部に入部。部内唯一の未経験者で「ダントツのへたくそ」。荒っぽかった気性から、2度も退部した。しかし再入部しては夜遅くまで練習し、周囲に積極的にアドバイスを求めてめきめきと上達。以来、寝ても覚めても音楽に触れる部活漬けの青春時代を送った。

 ○…横浜市社会福祉協議会に勤務。今春まで港南区を担当していた。それが縁で毎年コンサートに参加している。「今は離れてしまっているけれど、お世話になった地域とつながりが持てるいい機会」と出演を心待ちにしている。趣味などの志を同じにする人同士のつながりを意味する「志縁」とは、福祉関係者の間で良く使う言葉。「近隣住人の顔も知らないような”地縁”が薄くなっている中で、音楽の”志縁”でいろんな人たちとつながっていけたら」と人と人との交流の架け橋になるべく練習に力が入る。

 ○…「プロよりも良い演奏をすること」がモットー。仕事で毎日忙しく過ごしていても練習を欠かすことはなく、今ではプロ歌手のCDレコーディング参加やイベント出演なども増えた。そんなプロからもお墨付きをもらう腕前だが「まだ及ばない」と謙遜して見せる。グループ名の由来は「下の名前をもじっただけ」。しかし様々な素材を溶け込ませて旨みを引き出すのはソースも音楽も同じだ。
 

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

栄区書道協会の会長として18日までリリスで20回目の作品展を開いている

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

2月15日号

尾上 陽子さん

園長としてNPO法人「こどもの広場もみの木」設立20周年を迎え、リリスで作品展を開く

尾上 陽子さん

2月8日号

宇田川 悟さん

理容師として神奈川県から優良衛生技能者表彰を受けた

宇田川 悟さん

2月1日号

澤部 哲矢さん

神奈川県剣道連盟の副理事長などを務め、県の体育功労者として表彰された

澤部 哲矢さん

1月25日号

長谷川 敏雄さん

港南図書館で2月に講座「戦後『日本地形図』の歴史秘話」を開く

長谷川 敏雄さん

1月18日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月11日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク