港南区・栄区版 掲載号:2012年11月15日号
  • googleplus
  • LINE

学校で勉強 点字と手話 遠藤さんにインタビュー

点字表を持つ大山教諭(右)、遠藤さん(中央)、諏訪部教諭
点字表を持つ大山教諭(右)、遠藤さん(中央)、諏訪部教諭

 日野小学校の数あるクラブ活動の中から、今年4月に始まった「点字・手話クラブ」の部長、6年2組の遠藤春香さんにインタビューを行った。

 顧問は大山広昭教諭と諏訪部民子教諭。部員は部長の遠藤さんをあわせて現在9人で専用器具を使って点字表の読み方や、手話を勉強している。

 遠藤さんは元々点字や手話に興味があったが、昨年同小で行われた「日野の子フェスティバル」で点字と手話の発表を見て、更に関心を深めていた。4月にクラブが始まると「実用的でもあるし知っておきたい」と入部。自ら部長に立候補したという。

 クラブでは両顧問の指導のもと「おはようございます」などのあいさつや自己紹介の仕方など「皆始めたばかりなので基本的なことからがんばっている」。現在は、来年度にクラブ入部の対象となる3年生の前で行われる学内のクラブ紹介を目指して、部員一同で日野小の校歌を手話で練習している。

 最高学年である遠藤さんは、卒業する年に日野小が140年を迎えたことに対して「嬉しいし、誇りに思う」と話していた。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク