港南区・栄区版 掲載号:2017年11月30日号 エリアトップへ

不登校の子の親の会「こだまの会」の代表として親子の支援に携わる 馬場 千鶴さん 野庭町在住 

掲載号:2017年11月30日号

  • LINE
  • hatena

「子どもが教えてくれた」

 ○…不登校の子どもを育てる親たちが話し合いを行う「こだまの会」は1998年から活動。毎月1回、親たちが集い、自分の本音を語ったり、互いを励ましたりする場だ。「人の話を聞き、自分自身を見つめ直す場になっている。3歩進んで2歩下がるだけれど、お互いが成長している」と笑顔で話す。

 ○…子どもが小学1年生のとき、学校に行きづらくなり不登校になった。学校からも求められ、何とか学校に行かせようと悪戦苦闘。「誰からも認めてもらえず、四面楚歌の状態。親としてダメだと烙印を押されたようで、挫折感を味わった気分だった」と当時を振り返る。半年くらいして、子どもの不登校に悩む親たちの相談に応じる元小学校教員の女性を紹介された。そこで出会った親たち数人と、毎月少しずつ会い始めていくうちに、親同士のつながりが生まれていった。

 ○…数年後、知り合った親たちの子ども3人が相次いで自ら命を絶った。「ショックだった。遺書もなかったけれど、苦しんでいた」。参列した葬儀で遺影を見たとき、「申し訳ない。私たちが解決しなければいけない」と使命感を感じた。対外的にPRも始め、会の活動を本格化。会の名称に、苦しむ子どもたちの声が受け止められ、響きあうようにと「こだま」と入れた。「親が肩の力を抜き、人生を楽しんでいる姿を見せることが大事だと思う。『ありのままの自分でいい』と認められると、子どもたちは必ず変わっていく」

 ○…これまで、想像を絶する苦労をした親たちの話を多く聞いてきた。「皆『子どもが教えてくれた』って言う。子どもの成長に勇気づけられてきた」。横浜市でも不登校に対する制度は手厚くなってきたが、昨年度、件数は前年度から約700件増加した。「改善されてきていない。解決には知識や、時間とお金も人材も必要。皆で育てていこうという気持ちで身近なところから、やっていかなければ」

港南区・栄区版の人物風土記最新6

長栄 博敏さん

こうなん文化交流協会・美術部会の会長として港南ART展を開く

長栄 博敏さん

港南台在住 83歳

10月14日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

10月7日号

大堀 通彦さん

本郷台駅前アーケード商店街協同組合の理事長を務める

大堀 通彦さん

小菅ケ谷在住 50歳

9月23日号

前田 知洋さん

9月17日、18日にホテルニューグランドでショーを行うクロースアップ・マジシャン

前田 知洋さん

神奈川県内在住 55歳

9月16日号

森内 直美さん

紙芝居実演家として各地で読み聞かせを行い、このほど初の自費出版をした

森内 直美さん

栄区笠間在住 74歳

9月9日号

春木 磨碑露(まひろ)さん

栄区役所と連携協定を締結した(株)三春情報センターの代表取締役

春木 磨碑露(まひろ)さん

港南区日野在勤 43歳

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook