港南区・栄区版 掲載号:2017年11月30日号 エリアトップへ

不登校の子の親の会「こだまの会」の代表として親子の支援に携わる 馬場 千鶴さん 野庭町在住 

掲載号:2017年11月30日号

  • LINE
  • hatena

「子どもが教えてくれた」

 ○…不登校の子どもを育てる親たちが話し合いを行う「こだまの会」は1998年から活動。毎月1回、親たちが集い、自分の本音を語ったり、互いを励ましたりする場だ。「人の話を聞き、自分自身を見つめ直す場になっている。3歩進んで2歩下がるだけれど、お互いが成長している」と笑顔で話す。

 ○…子どもが小学1年生のとき、学校に行きづらくなり不登校になった。学校からも求められ、何とか学校に行かせようと悪戦苦闘。「誰からも認めてもらえず、四面楚歌の状態。親としてダメだと烙印を押されたようで、挫折感を味わった気分だった」と当時を振り返る。半年くらいして、子どもの不登校に悩む親たちの相談に応じる元小学校教員の女性を紹介された。そこで出会った親たち数人と、毎月少しずつ会い始めていくうちに、親同士のつながりが生まれていった。

 ○…数年後、知り合った親たちの子ども3人が相次いで自ら命を絶った。「ショックだった。遺書もなかったけれど、苦しんでいた」。参列した葬儀で遺影を見たとき、「申し訳ない。私たちが解決しなければいけない」と使命感を感じた。対外的にPRも始め、会の活動を本格化。会の名称に、苦しむ子どもたちの声が受け止められ、響きあうようにと「こだま」と入れた。「親が肩の力を抜き、人生を楽しんでいる姿を見せることが大事だと思う。『ありのままの自分でいい』と認められると、子どもたちは必ず変わっていく」

 ○…これまで、想像を絶する苦労をした親たちの話を多く聞いてきた。「皆『子どもが教えてくれた』って言う。子どもの成長に勇気づけられてきた」。横浜市でも不登校に対する制度は手厚くなってきたが、昨年度、件数は前年度から約700件増加した。「改善されてきていない。解決には知識や、時間とお金も人材も必要。皆で育てていこうという気持ちで身近なところから、やっていかなければ」

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版の人物風土記最新6

宝井 琴星さん

11月14日に金沢区の長浜ホールで講談「野口英世伝」を読む

宝井 琴星さん

港南区在住 72歳

10月22日号

森 正夫さん

今年4月から港南消防団の団長を務め、団員279人を取りまとめる

森 正夫さん

下永谷在住 67歳

10月15日号

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

栄区笠間在住 23歳

10月8日号

瀬戸 貴生さん

10月1日で開店24周年を迎えた京急百貨店の店長の

瀬戸 貴生さん

大和市在住 60歳

10月1日号

菅野 重和さん

9月3日付で港南警察署の署長に着任した

菅野 重和さん

港南警察署長 58歳

9月17日号

吉田 隆男さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

吉田 隆男さん

港北区在住 72歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク