港南区・栄区版 掲載号:2018年9月20日号 エリアトップへ

9月3日付で栄警察署長に着任した 宮田 孝さん 59歳

掲載号:2018年9月20日号

  • LINE
  • hatena

警察官は「金太郎」のように

 ○…「栄区は静かで緑豊かな印象。区民も安全や安心への関心が高い」。鶴見警察署の副署長を務めてきたが、9月3日付で栄警察署の署長に着任した。自身として初の署長職で、署員へのあいさつでは「誰のために、なんのためにやっているのかを理解した上で仕事に取り組んでほしい」と呼びかけた。理想の警察官像は「金太郎」だといい、「気は優しくて力持ち。そんな存在であれたら」。

 ○…平塚市出身。大学卒業を控えた頃、人の役に立てる仕事をと選んだのが警察官だった。警察人生で印象深いのは20代の頃に機動隊員として関わった1985年の日航機墜落事故。応援部隊として群馬県・御巣鷹山に赴き、遺体収容などを担った。「やぶをかき分けて拓けたと思ったらそこが墜落現場だった。できるだけ早く遺族の元へ届けなければと必死だった」

 ○…また2005年には伊勢佐木署の生活安全課長として、黄金町の売春宿を一掃する「バイバイ作戦」の現場責任者として奔走した。摘発や24時間体制のパトロールなどを行い、かつて250もの違法店舗が立ち並んでいた同地区は芸術のまちに生まれ変わった。「住民の長年の要望だったが、警察の取り締まりだけでは難しい。住民、行政と一体となったからこそ成し遂げられた」。その経験が財産となっている。

 ○…署長となってから官舎での単身赴任生活が始まった。「ほとんど初めての一人暮らし。日々生活するというのは大変で、家族のありがたみを感じる」。生活リズムも変わり、朝の時間にはウォーキングやお弁当づくりが日課となっている。「まずは休みの日も使ってじっくり区内をまわっておきたい」。栄区の課題でもある高齢者を狙った詐欺や交通事故を1件でも減らすべく、まちの安全に目を光らせる。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

鑓溝(やりみぞ) 裕也さん

9月5日付で神奈川県警察学校長に着任した

鑓溝(やりみぞ) 裕也さん

栄区在勤 58歳

10月10日号

大河原 文勝さん

9月5日付けで栄警察署長に就任した

大河原 文勝さん

栄区在住 58歳

10月3日号

板垣 孝之さん

少年サッカー「野庭キッカーズ」の総監督として40周年を迎える

板垣 孝之さん

野庭町在住 75歳

9月26日号

野村 武さん

栄区在宅医療相談室を運営する栄区医師会の会長を務める

野村 武さん

栄区在住 58歳

9月19日号

橋本 昌幸さん

横浜市埋蔵文化財センターの所長として発掘調査や普及啓発に取り組む

橋本 昌幸さん

相模原市在住 59歳

9月12日号

角 祐一さん

創立30周年を迎えるさかえ男声合唱団の指揮者を務める

角 祐一さん

桂台南在住 75歳

9月5日号

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレント

出川 哲朗さん

 55歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク