港南区・栄区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

(PR)

京急メモリアル 上永谷斎場 新しい時代の「お別れの形」 家族葬と「お別れ会」へ

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena
「お気軽にご相談を」と呼びかける上永谷斎場の品川さん
「お気軽にご相談を」と呼びかける上永谷斎場の品川さん

 これまで当たり前だった社会生活は、新型コロナウイルスにより大きな変化を余儀なくされている。その影響範囲は広く、人々が最後の別れを果たす「葬儀」の場面も例外ではない。

コロナを機に、新たに

 「葬儀の在り方や常識も変えるほかない事態。なにしろ、人が集まること自体避けるべきとされている状況なので」。そう話すのは葬儀会社・京急メモリアル上永谷斎場の清水さん。

 近年の葬儀は小規模化が進み、「家族葬」として親族のみによる葬儀が増えている。だが、この外出自粛や「三密」の回避が呼びかけられるなかでは、遠方から親族が駆けつけることも難しく、文字通り同居の家族のみで葬儀を行うケースもあったという。また通夜ぶるまいや精進落としといった食事の場も自粛傾向にあった。

 「現代は合理化が進み、義理の付き合いなどが不要と考えられて家族葬のニーズが高まったのだと思います。ただ、大事な人の死というあまりにも大きな節目を残された人たちが越える上で、お別れの場はあった方がいいように感じます。葬儀は故人のためであると同時に残された人たちのためのものなので」

「お別れ会」を文化に

 そんななかで、京急メモリアルが新たに選択肢の一つとして提案しているのが、「お別れ会」を後日開くというもの。葬儀は家族葬で行うが、日を置いてから落ち着いたころに改めて故人をしのぶ場を設けるというアイデアだ。

 最期の別れはいつも突然――だが、火葬の関係もあって現在は数日以内に開かれる葬儀でお別れをするというのが一般的だろう。そのため周囲に伝えることにも限界があり、家族以外の、仕事や趣味を通じて親しくしていたような人であっても、その死を知らされることがないまま時を過ごすということもあるのではないだろうか。

 「これまでの葬儀と異なり、事前に参列者を把握できるので、食事などに無駄が出にくいということもメリットになると思います」と清水さん。家族だけでなく、生前故人と縁あって関わった人たちが生涯を振り返り、いろんな横顔を語り合う――そんな故人への感謝の伝え方というものも、これからの時代に必要なものとなるのかもしれない。ご相談はお気軽に同斎場へ。

京急メモリアル 上永谷斎場

横浜市港南区上永谷5-1

TEL:0120-594-432

http://www.keikyu-memorial.com/

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6

仲間と一緒に健康づくり

仲間と一緒に健康づくり

横浜市老人クラブ連合会

11月19日号

元気の出る法律相談(123)

石井誠弁護士が答える

元気の出る法律相談(123)

亡父に多額の負債があったらどうしよう

11月19日号

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

一人じゃない安心感

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

12月1日 送迎付き見学会(体験昼食付)

11月19日号

1000人を無料招待

神奈川トヨタ主催コンサート

1000人を無料招待

12月10日 みなとみらいホール

11月12日号

「地域のかかりつけ医に」

メディカルプラザ栄長倉町

「地域のかかりつけ医に」

南部病院・栄共済出身「わたなべ内科・消化器クリニック」

11月12日号

相続対策・空き家・空き地活用 個別相談会

税理士が相続の不安や心配を解決 参加無料

相続対策・空き家・空き地活用 個別相談会

11月20日・22日 戸塚公会堂

11月12日号

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク