港南区・栄区版 掲載号:2021年2月4日号 エリアトップへ

(PR)

花粉症到来 「目のかゆみ」眼科におまかせ! 取材協力/かめざわ眼科

掲載号:2021年2月4日号

  • LINE
  • hatena

 2月に入り、いよいよ花粉症の季節が到来。鼻水や目のかゆみに悩まされる人も多く、国民病といわれるほどだ。地元の小中学校で学校医を務める「かめざわ眼科」=南区別所=の亀澤比呂志院長に話を聞いた。

 ──花粉症を詳しく。

 「花粉が目や鼻の粘膜に接触することで起こるアレルギーです。症状は目や鼻のかゆみ、鼻水、鼻づまり、まぶたのかぶれ・腫れなど。睡眠障害や集中力の低下につながり、仕事や勉強に悪影響が出ることも。スギ花粉が代表的ですが、日本にはスギ以外にも花粉症を起こしやすい花粉が年中飛散しています」

 ──診断や治療は。

 「眼科では顕微鏡を使って目を詳細に観察し、アレルギー性結膜炎(目の花粉症)を診断します。涙でアレルギー反応を確認する検査や、アレルゲンを調べる血液検査も行います。治療は抗アレルギー点眼薬やステロイド点眼薬などを重症度によって使い分けます。

 ステロイド点眼薬・眼軟膏は即効性や高い効果が期待できますが、まれに眼圧上昇による緑内障や角膜感染症などの副作用が出ることもあるので、眼科医の指示に従い適切に使いましょう」

 ──受診の時期は。

 「眼科でしか行わない検査や治療もあるので、症状がつらい場合は点眼薬や内服薬などを使っていても眼科受診をおすすめします。症状を和らげるためには、花粉が本格的に飛散する前に点眼薬や内服薬を使う初期療法や花粉症対策メガネ・洗眼なども有効です」

■かめざわ眼科 南区別所3の8の3クリニックビル3F 【電話】045・731・1113 9時〜12時/15時〜18時 木曜、土曜・日曜は午後休

かめざわ眼科

横浜市南区別所3-8-3 クリニックビル3F

TEL:045-731-1113

https://www.kamezawa-ganka.com/inchou.html

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6

「生活の困りごと」無料で相談

県司法書士会

「生活の困りごと」無料で相談

6月11日 オンラインで

5月26日号

老朽建物の利活用術、無料で学ぶ

税理士と弁護士による不動産セミナー&個別相談

老朽建物の利活用術、無料で学ぶ

6月11日 駅直結・戸塚区総合庁舎3階

5月26日号

1周年記念でキャンペーン

おたからやビアレシーサイド店

1周年記念でキャンペーン

シャネル・エルメス買取強化中

5月26日号

不動産の頼れるパートナー

NO.4

不動産の頼れるパートナー

「住みながらの売却はコミュニケーションがカギ!?

5月19日号

「試食付き内覧会」を開催

5月28日・29日・30日(1日先着10組限定) サービス付き高齢者向け住宅

「試食付き内覧会」を開催

SOMPOケア ラヴィーレレジデンス横浜本郷台

5月19日号

元気の出る法律相談(141)

石井誠弁護士が答える

元気の出る法律相談(141)

単独親権者が死亡した場合(未成年後見)

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook