港南区・栄区版 掲載号:2021年5月20日号 エリアトップへ

会社と地域を元気に 神奈川県中小企業家同友会

掲載号:2021年5月20日号

  • LINE
  • hatena
話を聞いた事務局の山本さん
話を聞いた事務局の山本さん

 日本企業の99%を占める中小企業は、日本経済に欠かせない存在だ。「神奈川県中小企業家同友会」は、そんな中小企業の経営者団体として県内に約800会員を有し、会社と地域の発展を目指している。

 同友会が掲げる目的は【1】よい会社をつくろう【2】よい経営者になろう【3】よい経営環境をつくろうの3つ。現在県内に10支部あり、月1回の例会を開催。各社の社長自らが講師となったセミナーや、経営指針作成や障害者雇用など課題やテーマに応じた委員会・部会に参加するなど、各企業の経験や知識を共有し、自主的に学び合える場が多数ある。また合同企業説明会や、新卒採用数が少ない中小企業を組織力で支援する取組として、会員企業の合同入社式や社員研修も実施している。

 個人事業主や専門職など様々な業種の経営者が集まるため、互いに助け合ったり、経営のヒントを得られることも魅力の一つ。特に経営者の決断が重要視されるコロナ禍において、同友会のネットワークや仲間の存在は大きかったという。

 同事務局の山本潤さんは「経営者同士が本音で語り合える貴重な場。皆自社だけでなく、仲間の会社や地域も元気にできたらと考えている。同友会の存在を広く知ってもらえたら」と話した。
 

港南区・栄区版のコラム最新6

会社と地域を元気に

会社と地域を元気に

神奈川県中小企業家同友会

5月20日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私

「令和はシュウマイの時代」

3月11日号

20万8千筆の署名提出

IRと横浜

20万8千筆の署名提出

住民投票求める市民団体

11月19日号

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者

懸命のアピール合戦

IRと横浜

3月26日号

推進前提に意見公募

〈連載【11】〉市が方向性素案公表

推進前提に意見公募

IRと横浜

3月26日号

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る

「カジノなしでも人は来る」

IRと横浜

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter