港南区・栄区版 掲載号:2021年9月2日号 エリアトップへ

栄区役所と連携協定を締結した(株)三春情報センターの代表取締役 春木 磨碑露(まひろ)さん 港南区日野在勤 43歳

掲載号:2021年9月2日号

  • LINE
  • hatena

住まい方提案で魅力発信

 ○…このほど栄区役所と、郊外戸建ての住宅地PRなどを目的に連携協定を締結した(株)三春情報センター。同社代表取締役を務め、協定をもとに広く県外者などをターゲットに住宅地としての栄区をウェブサイトなどでPRしていく。「自然豊かな環境は何ものにも代えがたい価値。魅力的な生活環境の中で、それぞれのニーズに合った住まい方を提案していけるはず」と力を込める。

 ○…同社は1977年に父・裕児さんが栄区で創業。今では「ミック」グループとして介護や保育事業のほか飲食店からアパレルまで幅広く事業を展開している。そんな中、変わらない事業の中心は創業以来の「不動産」だ。「横浜南部は人口が減りつつある地域。どうにかして不動産価値を高め、街全体の魅力向上につなげたい」

 ○…港南区で生まれ、小学4年生までは栄区の矢沢小(当時)で過ごした。高校卒業後に専門学校に進むが中退し、一路ハワイへ。現地で働いた後、計2年間約20カ国を巡った。「テストの点数をとれるタイプではなかったけど、経験という人生の点数はいろいろとってきたと思う」。帰国後、父の会社を日本一にしたいとの思いで入社し、実績を重ねて35歳で代表取締役に就任した。

 ○…「目先の利益を追った悪い行いは自分に返ってくる。事業としてもリピーターや紹介のおかげで社員とその家族を継続的に守っていける」。また松下幸之助の言葉「万事研修の事」を胸に刻み、生活の中でもいつも謙虚に事業のヒントを探している。一方、YouTubeでは経営者としてのコンテンツだけでなく筋トレ動画も人気を集めるユニークな一面も。「楽しむためには、やると決めたらとことんやる方がいい。それを自分が体現しないと」

港南区・栄区版の人物風土記最新6

當間(たいま) 智雄さん

今夏から県立地球市民プラザ「あーすぷらざ」の館長を務める

當間(たいま) 智雄さん

戸塚区在住 50歳

10月21日号

長栄 博敏さん

こうなん文化交流協会・美術部会の会長として港南ART展を開く

長栄 博敏さん

港南台在住 83歳

10月14日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

10月7日号

大堀 通彦さん

本郷台駅前アーケード商店街協同組合の理事長を務める

大堀 通彦さん

小菅ケ谷在住 50歳

9月23日号

前田 知洋さん

9月17日、18日にホテルニューグランドでショーを行うクロースアップ・マジシャン

前田 知洋さん

神奈川県内在住 55歳

9月16日号

森内 直美さん

紙芝居実演家として各地で読み聞かせを行い、このほど初の自費出版をした

森内 直美さん

栄区笠間在住 74歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook