港南区・栄区版 掲載号:2021年10月7日号 エリアトップへ

(PR)

いつまでも「見える」生活を 眼瞼下垂症 手術で視界良好 取材協力/かめざわ眼科

掲載号:2021年10月7日号

  • LINE
  • hatena

 10月10日は目の愛護デー。いつまでも快適に物が見える生活を送れるよう、今回は放置されることが多い眼瞼下垂症について、地元で複数の小中学校で学校医を務める「かめざわ眼科」=南区別所=の亀澤比呂志院長に話を聞いた。

 ――眼瞼下垂症とは。

 「まぶたが垂れ下がり目が開きづらくなる病気です。上方や外側の視界が狭くなり、見えづらくなります。無理に目を開けようとするため交感神経の緊張が続き、目の疲れ、首・肩のこり、頭痛等を引き起こすことも。

 高齢者に多い病気ですが、治療できる病気だと認識していなかったり、美容手術と勘違いしている人も多く、手術を受ける人はまだまだ少ないようです」

 ――治療法は。

 「特殊な場合を除き手術が一般的で、手術は健康保険適用です。上まぶたの皮膚を切除したり、まぶたを上げる筋肉を縫い縮めたりします。手術時間は片眼で約30分。日帰り手術も可能で費用は3割負担の人でも片眼2万円程度。

 術後は多少、目元の印象は変わりますが、別人のようになるわけではなく、まぶたが垂れ下がっていない若かった頃の目元に近づく印象です」

 ――簡単な確認法は。

 「指やテープで上まぶたを持ち上げて見えやすくなれば眼瞼下垂症の可能性があります。心配な人は眼科専門医に相談しましょう。治療して目がしっかり開けば、快適に見えるようになります。視界が広がれば事故や転倒のリスクが減り、生活の質が保てます」

■南区別所3の8の3クリニックビル3F 【電話】045・731・1113 平日9時〜12時/14時〜18時 土日9時〜15時 木曜・祝日休み

かめざわ眼科

横浜市南区別所3-8-3 クリニックビル3F

TEL:045-731-1113

https://www.kamezawa-ganka.com/inchou.html

<PR>

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6

目の不快感 ドライアイかも

充血・目やには危険信号

目の不快感 ドライアイかも

取材協力/かめざわ眼科

12月2日号

ひとり親世帯へ食料支援

港南区社協・フードバンク横浜

ひとり親世帯へ食料支援

12月22日 クリスマスおわたし会

12月2日号

注入だけの若返りシワ治療

症例6万4千件の実績 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

注入だけの若返りシワ治療

12月2日号

不動産問題に対応

不動産問題に対応

宅建協会が無料相談会

12月2日号

車売るなら地元店へ

車売るなら地元店へ

丁寧・親身なタックス港南

12月2日号

お寺で学ぶ仏教講座

大久保山自性院

お寺で学ぶ仏教講座

やさしい仏教・写経会・御詠歌等

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook