中区・西区版 掲載号:2016年7月21日号
  • googleplus
  • LINE

半世紀に一度の開花 本牧市民公園 リュウゼツラン

社会

約1.8mの石垣の上で伸びるリュウゼツラン=14日
約1.8mの石垣の上で伸びるリュウゼツラン=14日
 本牧市民公園中央入口の石垣の上に、空めがけてまっすぐに伸びる高さ6mほどの「アオノリュウゼツラン」が、7月10日ごろに開花した=写真。

 巨大なアスパラガスのような茎から枝のように伸びた房が、下から上へ順に黄色い花をつけていく。

 30年から50年に一度開花すると言われる多肉植物で、メキシコではテキーラの原料となっている。花を咲かせ終わると、枯れてしまい、また子株が芽吹く。同公園の職員によると4月ごろまで目につかない大きさだったが、勢いよく茎が伸び始め、2カ月ほどで現在の高さになったという。開花期間はおおむね1、2週間ほどといわれている。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

海野歯科医院【黄金町・阪東橋】

歯科口腔外科の専門医であり、顎関節症の治療が得意です!

http://www.umino-dc.com/

池野歯科医院(中区竹之丸55)

高齢者など病院に行けない方のために、訪問歯科診療を行っています!

http://ikeno-shika.com/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「幼稚園ってこんなところ」

中区説明会

「幼稚園ってこんなところ」

7月9日 個別相談も

7月9日~7月9日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク