中区・西区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

夜間一斉査察 防火管理55%で不備あり 消防局 適切対応を呼びかけ

社会

商業ビルを外部からチェックする消防局職員=横浜駅西口
商業ビルを外部からチェックする消防局職員=横浜駅西口
 横浜市消防局は10月26日、横浜駅西口の飲食店などを対象に抜き打ちの「夜間一斉査察」を実施した。

 西区南幸1・2丁目の商業ビル39棟、148テナントを訪問。避難通路の確保や避難階段、防火戸の状況など防火設備が適切に維持管理されているかをチェックした。

 その結果、適切に管理されていたのは8棟66テナントで、不備が指摘されたのは31棟82テナント。テナント数でみると不備があったのは全体の55%におよぶ。消防局では防火設備の適切な維持管理を呼びかけている。

 査察が行われたインターネットカフェでは、避難通路にプレートが設置されていたため消防局職員が店舗のスタッフに依頼し移動していた。同様の案件で、テナント側の協力が得られない場合は法律に基づき、その場で除去命令が出されることになる。

 この夜間一斉査察は、酒類を提供する飲食店の実態を把握するため開店時間に合わせて検査を実施するもの。2001年の新宿歌舞伎町で発生したビル火災(死者44人)や、15年に死者3人が発生した広島市の飲食店火災を教訓に、横浜市内でも同様の火災を発生しないよう年4回ほど無通告で行われている。

 消防局によると、夜間一斉査察についてテナント側にもある程度理解が広がっているという。

ドコモスマホ教室

体験会やメールの使い方など、分かりやすく説明します

https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/shop.html?id=0300306919200

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

伝統と若手のアイデア融合

ニューグランド

伝統と若手のアイデア融合

1月18日号

伯父の母校で「特攻」語る

本町小

伯父の母校で「特攻」語る

1月18日号

近代水道130年テーマに

横浜市民ミュージカル

近代水道130年テーマに

1月18日号

「人に寄り添う実践」

市民後見人

「人に寄り添う実践」

1月18日号

校内収穫米で餅つき

浅間台小

校内収穫米で餅つき

1月18日号

開幕戦で神奈川ダービー

JリーグYSCC

開幕戦で神奈川ダービー

1月18日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク