中区・西区版 掲載号:2021年1月28日号 エリアトップへ

ベイシェラトンホテル 大根農家 支援へ ポタージュ販売 無償提供も

経済

掲載号:2021年1月28日号

  • LINE
  • hatena
「大根ポタージュde元気」ホテルシェフの手作り
「大根ポタージュde元気」ホテルシェフの手作り

 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ(石原哲也総支配人)で1月20日から、三浦半島で収穫された大根のポタージュが販売されている。

 これはコロナ禍で飲食業界の営業自粛が続く中、三浦半島の特産物である大根の出荷量が大幅に減少し、大量の大根を廃棄せざるを得ない生産者を救出すべく開発されたもの。一般販売のほか、医療従事者への支援として、ポタージュと風呂吹き大根(非売品)の計700食分が、市内病院に無償提供される。

 考案した同ホテル洋食総料理長の磯貝徹さんは「まず医療従事者の方に届けることを考え、腹持ちのよいお米をつなぎにし、生姜を入れてほっこり温まってもらえるスープを作った。三浦の大根は瑞々しくて甘い。農家さんたちが作った美味しい野菜の味や食品ロスの問題も伝えられたら」

農家自ら廃棄

 同ホテルではレストランで出た食品残さを堆肥化し、その肥料で育った野菜を再び食材として使う取組を行っている。今回使った青首大根はその協力農家で、三浦半島で大根を栽培する広瀬農園と三留農園、石井農園で収穫されたもの。「愛情を注いで育てた大根を自らの手で廃棄しなければならない現状に、農家さんたちは大変心を痛めている。少しでも助けになれば」と同ホテル。

 廃棄野菜などを肥料に変える三浦バイオマスセンター=三浦市=によると、農家から持ち込まれた廃棄野菜は昨年11、12月の2カ月間で約1359トン(前年度同月約933トン)にも上るという。同施設では「大根の廃棄量は前年度のほぼ2倍。施設に搬入された周辺農家だけの数なので、三浦市全体でみると氷山の一角では」と話した。

 1パック2食分で税込540円。公式オンラインショップ(https://onlineybsh.thebase.in/)とホテル内各レストラン店頭で販売中。
 

広瀬農園に視察に訪れたホテルスタッフ
広瀬農園に視察に訪れたホテルスタッフ

横浜ファッションウィーク

シルクセンターなどで横浜スカーフなどの魅力を体験できるイベント多数。

http://www.yokohamascarf.com/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6

船上からDJポリス

水上署

船上からDJポリス 社会

春の交通安全啓発

4月22日号

横浜市へ150万円を寄付

MM21RC

横浜市へ150万円を寄付 社会

感染症対策に活用

4月22日号

藤の花が見ごろ

藤の花が見ごろ 文化

西区内の各所で

4月22日号

AIが好みの酒を診断

「Web限定記事」連動

AIが好みの酒を診断 社会

桜木町の酒店で

4月22日号

行政書士による無料相談会

行政書士による無料相談会 社会

4月22日・23日

4月22日号

香港民主化の写真展

香港民主化の写真展 社会

中華街で開催中

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

香港民主化の写真展

香港民主化の写真展

中華街で開催中

4月17日~4月29日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter