保土ケ谷区版 掲載号:2011年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

新年度予算 生活保護費12・6%増に 受給世帯、全区で増える

 今年1月現在、横浜市内で生活保護を受けている世帯の数は、前年同月と比べて全ての区で増加。これを受け新年度予算の「生活保護費」が12・6%増(前年度比)になるなど、苦しい財政をより一層、圧迫する状況になっている。

 今年1月現在、横浜市内で生活保護を受けているのは4万7255世帯(6万4943人)で、前年同月と比べて8・8%の増加。市内すべての区で増加している(左表参照)。

 市健康福祉局生活福祉部保護課では「(増加傾向は)少し前の”リーマンショック”の時より若干、落ち着きつつある」と分析する。しかし最近では、受給者数が雇用情勢に左右されやすい市中心部よりも、市北部エリアでの増加傾向が顕著になってきており「依然厳しい雇用の状況に加えて、市内世帯の高齢化(無年金・収入の大幅減)なども背景にあるのでは」と話す。

 こうした影響は市財政にも波及し、23年度の一般会計予算案では『生活保護費』として1221億2600万円が計上されている。これは22年度予算(1084億3000万円)の12・6%増、金額にして約137億円の歳出増加となっており、他の社会保障費などとあわせ市の財政をさらに圧迫する要因となっている。

ケースワーカー増員へ

 受給者の個別相談や自立支援を担当する『ケースワーカー』については、現在539名が市内各区に配置されている。だが1人のケースワーカーが受け持つ世帯数(87)は、国が標準と定める「80世帯」を約1割上回っており、現場からは「近況確認や聞き取りのための家庭訪問などで毎日のスケジュールが目一杯の状況」という声も聞かれる。

 市では事態打開のため来年度、ケースワーカー56名の増員を予定する他、自立支援の中でも受給者のニーズが高い”職さがし”について「就労支援専門員と連携を図り、斡旋等に力を入れていきたい」としている。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

補助対象地域を拡大

感震ブレーカー

補助対象地域を拡大

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

「診療可能」は旗が目印

災害時医療

「診療可能」は旗が目印

3月8日号

区の歌合唱団が10周年

悲願のJ1昇格へ船出

サッカーJ2横浜FC

悲願のJ1昇格へ船出

2月22日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク