保土ケ谷区版 掲載号:2011年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

みんなの党 芳賀 洋治さん (31歳)

社会

―選挙戦を振り返って、いかがでしたか。

芳賀 震災直後の選挙だったこともあり、「それどころではない」という声も確かにあった。名前を連呼する派手な選挙運動は控え、政策を聞いて頂くことに重点を置いた。そのような状況の中で、当選させて頂いたという重みを受け止め、責任感をいっそう強く感じている。

―優先的に取り組んでいきたい施策についてお聞かせください。

芳賀 3月の震災では、保土ケ谷区内でも帰宅困難者が多く出たり、建物の被害があったりした。地域の災害対策については、早急に取り組んでいかなければならない。また、震災後の自粛ムードが影響し、県内でも経済活動が落ちこんでいることを懸念している。観光などで活気を創出し、地域経済を復興していけるよう尽力したい。

―先日所属委員会が決定しましたが、委員会の中ではどういった姿勢で取り組まれますか。

芳賀 今回所属することになった震災対策調査特別委員会の中では、私が最年少とのこと。若さを生かして、提案等は積極的にしていければと思う。

―黒岩新知事の政策について、どういった印象をお持ちですか。

芳賀 知事が強く主張しておられる脱原発・太陽光発電推進という議題については、しっかりと議論していきたいと思う。みなさんの安心・安全な生活を守ることを最優先に考える。

―今後はどのような活動をしていかれますか。

芳賀 日ごろの地道な活動を継続していく方針。駅前でのあいさつなども続けていく。

―最後に区民へのメッセージをお願いします。

芳賀 県民の代表者として、行政チェックや改革をしっかり進めていく。新人だが、少しずつ実績を積んでいこうと思っている。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク