保土ケ谷区版 掲載号:2012年2月23日号
  • googleplus
  • LINE

川島小くぬぎ台小 来年4月、統合へ 検討委が意見書提出

教育

 児童数の減少が進んでいる川島小学校(小池愼一校長)とくぬぎ台小学校(藤井芳樹校長)では「小規模校対策検討委員会」(鈴木方規委員長)の場を通じ、統合に向けた話し合いを進めている。同委員会は17日、審議の結果をまとめた意見書を教育長に提出した。

 委員会は地域住民、両校のPTAや学校関係者などで構成され、昨年7月から小規模化対策に関する意見交換を実施してきた。

 小規模校の課題や統合の有無、通学区域の問題などを議題に約半年間行われた審議の結果、同委員会では2013年4月を目標に2校を統合することを確認。

 統合に伴う詳細については、保護者からのアンケート結果などを基に検討し、校舎は、両校の視察を実施した上で、現在の川島小の校舎をそのまま利用することが決定された。

校名は「川島小」

 また、統合後の学校名に関しては、児童や保護者からの投票を行い、意見を統一。最寄駅の名称から「西谷小学校」とする案なども出ていたが、審議の結果「川島小学校」にすることとなった。

 全6回の審議を終え、委員会ではこれらの結果をまとめた意見書を作成。2月17日に、鈴木委員長が市教育長に提出した。

 川島小は明治8年創立。くぬぎ台小は昭和46年創立。昨年5月時点では、川島小が児童数364人で12学級、くぬぎ台小が児童数152人で6学級だった。

 両校では、球技大会や学習発表会を合同開催するなどして、統合に向けた児童の交流を推進していくという。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

迅速対応で火災拡大阻止

地域力推進へ43事業

2018年度区予算案

地域力推進へ43事業

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

考案の宿泊プランに評価

県商工高校総合ビジネス科

考案の宿泊プランに評価

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

地域交流施設を完成

帷子町八ッ橋さん

地域交流施設を完成

2月1日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク