保土ケ谷区版 掲載号:2012年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

ブルガリア 「バラの女王」が来保 上菅田小の児童らと交流

文化

児童と一緒に給食を食べるシモナさん
児童と一緒に給食を食べるシモナさん

 ブルガリア共和国の「バラの女王」が5月30日、上菅田小学校(堀江邦子校長)を訪れ、子どもたちと交流した。保土ケ谷区は同国の首都ソフィア市とパートナー都市協定を結んでおり、今回の来訪は交流事業の一環として実施された。

 区では、区制80周年を迎えた2007年からソフィア市とパートナー都市協定を締結。文化・教育・スポーツ・観光をテーマに連携を図っており、これまでにも、ホームステイの受け入れなど、活発に交流を進めてきた。

 「バラの女王」とは同国の名産品であるバラに由来し、カザンラク市の祭りで選ばれる女性のことで、今回訪れたのは、ソフィア大学在学中のシモナ・ペテコヴァさん(19歳)。

 上菅田小学校で行われた歓迎式典では、児童が同校のオリジナル曲「ゆめのさかみち」の合唱を元気に披露。質疑応答の際には「ブルガリアはヨーグルトで有名ですが、1日にどれくらい食べますか」「ブルガリアの小学校にも運動会はありますか」といった質問があがるなど、文化の違いに興味津々といった様子だった。

 この後シモナさんは、6年2組の児童とともに給食を初体験。アジのフライ、こふきいもなどを美味しそうに味わっていた。珍しい体験にやや緊張気味だった子どもたちも「ブルガリアの小学校には給食という文化はなく、学校はお昼までに終わります」と聞くと、一斉に「うらやましい」と声をあげるなど、にぎやかに食事を楽しんだ。また、同校にはブルガリアからバラの木がプレゼントされ、記念植樹が行われた。

 6年生の馬場純平くんと田中美羽さんは「もっと話してみたかった」「ブルガリアに行ってみたくなった」と笑顔で話していた。

区長表敬訪問も

 シモナさんはこの日、横浜清風高等学校(是枝匡輔校長)でも交流を行ったほか、区役所を訪れ、鈴木和宏区長と面会。鈴木区長は「区内の子どもたちをはじめ、地域の多くの方々と交流していただき、大変うれしく思う」と話した。
 

来校記念にバラを植樹
来校記念にバラを植樹

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

迅速対応で火災拡大阻止

地域力推進へ43事業

2018年度区予算案

地域力推進へ43事業

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

考案の宿泊プランに評価

県商工高校総合ビジネス科

考案の宿泊プランに評価

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

地域交流施設を完成

帷子町八ッ橋さん

地域交流施設を完成

2月1日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク