保土ケ谷区版 掲載号:2012年7月26日号
  • googleplus
  • LINE

県ベスト8入りを果たしたドッジボールチームのキャプテンを務める 小山 創也くん 東品濃小学校6年

信頼厚い”お兄ちゃん”

 ○…保土ケ谷や戸塚の小学生で構成されるドッジボールチーム「YokohamaTOPS」(ヨコハマトップス)のキャプテンとして25人のメンバーを率いる。チームは先日、県大会で初のベスト8入りを果たしたばかり。勝利の瞬間の気持ちを「嬉しかった」と素直な言葉で振り返る。

 ○…ドッジボールそのものは広く親しまれているが「遊びでやっていた時と試合とは全然ちがう」と話す。試合は5分間で内野に残った人数を競うもの。守備では、内野全員が二人三脚のように横1列に並び、ボールに合わせて素早く動く。列が少しでも崩れると落球しやすいため、いかに息を合わせるかが大切。「試合中は声出しを頑張っている」と話すとおり、練習場には「いち、に」と元気な掛け声が響く。メンバーの通う学校は別々だが、チームワークは抜群。男女問わず下の名前で呼び合い、練習時間外にも遊びで試合をするのが楽しみだという。

 ○…監督やコーチは保護者が務めるが、子ども達が主体的に動く点がチームの特長。キャプテンを選ぶ際にも「大人は外に出ていて」と声をかけ、子ども達だけで話し合ったのだとか。「多数決で決まっただけ」と照れくさそうに話すが、周囲からは「低学年の子に声をかけたり注意をしたり頑張っている」と信頼も厚い。監督を務めるのが父親、2年生の妹もチームに所属する。練習に集中できない低学年のメンバーに注意をすることもあるが「あんまり強く言うと、監督に『まだ小さい子なんだから』って怒られる」と、お兄さんながらの微笑ましい苦労談を聞かせてくれた。

 ○…以前は水泳も習っていたが「今はドッジボールの方が好き」ときっぱり。「中学生になったらハンドボールがしたい」と夢がふくらむスポーツ少年だ。チームの目標を尋ねると「勝つこと」と一言。ベスト4進出、さらには県代表を目指し、仲間とともに熱い日々を過ごす―。
 

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

八ッ橋 良光さん

「帷子番所」を建設した市野屋商店店長

八ッ橋 良光さん

2月1日号

大庭 公善さん

働き方改革を進め、横浜市から認定を受けたグランコーヨー(株)代表取締役

大庭 公善さん

1月25日号

三村 秀樹さん

日本人として初めてアイルランド大統領功労賞を受賞した

三村 秀樹さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

塩川 藤吉さん

神奈川県美化運動推進功労者表彰を受賞した

塩川 藤吉さん

1月4日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク