保土ケ谷区版 掲載号:2014年3月6日号 エリアトップへ

横浜船員保険病院 地域医療、強化へ 4月1日名称変更保土ケ谷中央病院(仮称)に

社会

掲載号:2014年3月6日号

  • LINE
  • hatena
新名称は「横浜保土ケ谷中央病院」(仮称)
新名称は「横浜保土ケ谷中央病院」(仮称)

 釜台町にある「横浜船員保険病院」(遠山愼一院長)が、4月1日から「独立行政法人・地域医療機能推進機構(JCHO=ジェイコー)」が運営する施設となり、名称も「横浜保土ケ谷中央病院」(仮称)へと変更される事となった。

無線医療は継続

 「横浜保土ケ谷中央病院」(仮称)と生まれ変わる船員保険病院は1955年開院。一般的な地域の病院としての役割を担うと同時に「船員のための病院」として、海上の船舶で発症した傷病に対して無線による医師の医療助言を行う「無線医療助言事業」を手掛けている。この医療事業は年365日、24時間体制の下、南極圏、北極圏を除く地球上のほぼ全地域からの無線連絡に対応するもの。近年は傷の状態などが画像と一緒に送られてくる事も増え、より適切で具体的なアドバイスを求められるケースもあるという。4月1日からは「船員保険」病院ではなくなるが、国の要請により、こうした船員のための医療事業は続けられるという。

救急受け入れ大幅拡充

 さらに、これまでは「輪番病院」として月2回程度だった「救急患者の受け入れ体制」を大幅に拡充。4月からは「B病院」と呼ばれる、ほぼ毎日救急患者を受け入れる施設となるなど、より地域色を前面に打ち出した運営方針を示している。同院の在原雅行事務局長は「今後も急性期から在宅医療まで境目なし(シームレス)の医療を目指したい」とコメント。その上で「高度救命病院との『病病連携』、地域開業医との『病診連携』及び療養型病院・介護施設などとの『医介連携』を推進・強化し、地域の中での”架け橋的医療”の中心的な医療機関として地域の方々に信頼される、良質な医療を安定的に提供していければ」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

障害者の力作 暦の挿絵に

偕恵いわまワークス

障害者の力作 暦の挿絵に 社会

100作品から12枚を厳選

12月2日号

「神社de(で)献血」初実施

星川杉山神社

「神社de(で)献血」初実施 社会

特別な「御朱印」も授与

12月2日号

国交大臣表彰を受賞

法泉境木自治会

国交大臣表彰を受賞 社会

道路清掃活動に評価

11月25日号

老舗の味 ポテチで再現

ハングリータイガー

老舗の味 ポテチで再現 社会

スーパー、SA(サービスエリア)などで随時販売

11月25日号

公園愛護の功績を表彰

公園愛護の功績を表彰 社会

在職10年超える2会長

11月18日号

橘樹神社で奉納歌舞伎

天王町

橘樹神社で奉納歌舞伎 文化

子どもたち12人が21日

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook