保土ケ谷区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

保土ケ谷区役所内 ジョブスポットを開設 生活困窮者らの就労支援

社会

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena
窓口では直接担当者が応対
窓口では直接担当者が応対

 生活保護受給者らの就労を支援する窓口「ジョブスポット」がこのほど、保土ケ谷区役所内に開設された。同スポットには職員3人が常駐するほか、求人検索機が3台設置されている。

 ジョブスポットは、生活保護受給者やひとり親家庭、仕事がなく借家の家賃が払えず支援を受けている「住宅支援給付受給者」など、いわゆる生活困窮者を対象に区保護課などでの相談を通じて、必要に応じて就労支援を行う。

 交通費や移動の負担などを軽減し、よりきめ細かい支援を行うため、横浜市が神奈川労働局と連携し2013年から市内の各区役所内に設置を推進。今回の開設は13番目の開設となる。

 13年から開設されている鶴見や瀬谷など先行8区のスポットでは昨年度、1183人の利用があった。このうち半数近い568人の就労支援に成功。今年度は1月末時点で利用者数、就労成功数ともに昨年度を上回る実績を残しているという。市担当課では「顔の見える支援が良い影響を及ぼしているのではないか」と分析している。

生活保護受給者数は微増

 区保護課によると区内の生活保護受給世帯は年々微増している状況だという。3月9日のスポット開設後の相談者も受給者が中心。同課の小倉規敬係長は「仕事が探しやすくなり相談できる場所が近場にできた。自立に繋げてもらい、生活環境改善の選択肢のひとつになれば」と期待を寄せている。問合せは区保護課保護係【電話】045・334・6314へ。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

10年で登録者10倍に

シニアボランティア事業

10年で登録者10倍に

マッチングに課題も

9月19日号

銭湯が美術館に

仏向町黄金湯

銭湯が美術館に 社会

伊藤若冲作品など投影

9月19日号

全小学校に民間支援員

プログラミング必修化

全小学校に民間支援員 教育

教員向けにICT指導

9月12日号

公式ラケット誕生

スリッパ卓球選手権大会

公式ラケット誕生 社会

「遊びではなくスポーツに」

9月12日号

市立中3生、英語で2位

全国学力テスト

市立中3生、英語で2位 教育

学習意欲の高さ要因か

9月5日号

悲願成就へあと一歩

岩崎中女子ハンドボール部

悲願成就へあと一歩 スポーツ

全国大会で銅メダル

9月5日号

地域に新たな「足」

仏向地区社協

地域に新たな「足」 社会

高齢者の買い物支援に

8月29日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク