保土ケ谷区版 掲載号:2015年6月18日号 エリアトップへ

保土ケ谷では8千棟全壊 県が地震被害想定見直し

社会

掲載号:2015年6月18日号

  • LINE
  • hatena

 県はこのほど東日本大震災後初となる地震災害想定をまとめ公表した。県内に最も被害をもたらすのは、1923年の関東大震災の再来をモデルとしたマグニチュード8・2の大地震で保土ケ谷区内では8千棟が全壊、9570棟が半壊被害を受け、死者数は380人と試算されている。

 被害想定の見直しは東日本大震災以前の2009年以来6年ぶりとなる。震災で明らかになった教訓や課題を踏まえ、地震学や地震工学、災害社会学の知見を取り入れることで、大きな被害をもたらす地震を洗い出し、「東海地震」や「都心南部直下地震」など11の地震について一昨年から昨年にかけ調査を実施、被害を試算した。

 この中で「30年以内に最大で5%」と発生確率は低いものの、県内全域に最も大きな被害を及ぼすのが相模湾を震源とした「大正型関東地震」だ。

 冬場の平日午後6時に発災したことを想定したシミュレーションでは震源域に近い湘南・県央・県西域、横浜や川崎の一部でも最大震度7の激しい揺れを予測。前回の調査では8460人だった県内の死亡者数は大幅に上方修正され3万1550人となった。

4割超える区民が避難

 保土ケ谷区内域では震度6強の揺れで、8千棟が全壊。30カ所で出火し、3250棟が焼失すると予測されている。さらに発災直後には区住民の約45%に相当する9万1510人が避難し、上水道が復旧する1週間後でも8万6810人、1カ月後でも6万4810人が避難所で生活するとしている。また、自力での脱出が困難で救助が必要となる人は1440人となっている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

防火・防災の貢献称える

保土ケ谷消防署

防火・防災の貢献称える 社会

8個人・団体を表彰

5月7日号

区内3例目の市長表彰

保土ケ谷西部連合自治会

区内3例目の市長表彰 社会

4年間の無火災達成

5月7日号

全国500社に区内から2社

健康経営優良法人

全国500社に区内から2社 社会

「社員のために」が評価

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

現職2人と新人が準備

衆院選6区

現職2人と新人が準備 政治

立民・維新・自民の三つ巴か

4月22日号

再生プラでチームグッズ

横浜FC

再生プラでチームグッズ 社会

ボトルキャップ50gで進呈

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter