保土ケ谷区版 掲載号:2015年6月18日号 エリアトップへ

保土ケ谷では8千棟全壊 県が地震被害想定見直し

社会

掲載号:2015年6月18日号

  • LINE
  • hatena

 県はこのほど東日本大震災後初となる地震災害想定をまとめ公表した。県内に最も被害をもたらすのは、1923年の関東大震災の再来をモデルとしたマグニチュード8・2の大地震で保土ケ谷区内では8千棟が全壊、9570棟が半壊被害を受け、死者数は380人と試算されている。

 被害想定の見直しは東日本大震災以前の2009年以来6年ぶりとなる。震災で明らかになった教訓や課題を踏まえ、地震学や地震工学、災害社会学の知見を取り入れることで、大きな被害をもたらす地震を洗い出し、「東海地震」や「都心南部直下地震」など11の地震について一昨年から昨年にかけ調査を実施、被害を試算した。

 この中で「30年以内に最大で5%」と発生確率は低いものの、県内全域に最も大きな被害を及ぼすのが相模湾を震源とした「大正型関東地震」だ。

 冬場の平日午後6時に発災したことを想定したシミュレーションでは震源域に近い湘南・県央・県西域、横浜や川崎の一部でも最大震度7の激しい揺れを予測。前回の調査では8460人だった県内の死亡者数は大幅に上方修正され3万1550人となった。

4割超える区民が避難

 保土ケ谷区内域では震度6強の揺れで、8千棟が全壊。30カ所で出火し、3250棟が焼失すると予測されている。さらに発災直後には区住民の約45%に相当する9万1510人が避難し、上水道が復旧する1週間後でも8万6810人、1カ月後でも6万4810人が避難所で生活するとしている。また、自力での脱出が困難で救助が必要となる人は1440人となっている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

3年ぶり「花フェスタ」

3年ぶり「花フェスタ」 文化

21日、星川中央公園で

5月19日号

新古品を善意銀行に

新桜ケ丘グランコーヨー(株)

新古品を善意銀行に 社会

「廃棄せず必要な所へ」

5月12日号

移動図書館 区内に復活

移動図書館 区内に復活 文化

隔週水曜 狩場町第三公園に

5月12日号

高齢運転者支援を拡大

県免許センター

高齢運転者支援を拡大 社会

改正道路交通法に対応

5月5日号

「美味しいお米になあれ」

ほどがや元気村

「美味しいお米になあれ」 コミュニティ教育

児童40人が伝統農業体験

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook