保土ケ谷区版 掲載号:2016年8月25日号 エリアトップへ

保土ヶ谷宿場まつり 苦しい台所事情打破へ CF(クラウドファンディング)で運営費協力呼びかけ

社会

掲載号:2016年8月25日号

  • LINE
  • hatena
協力を呼びかけるWEBページ
協力を呼びかけるWEBページ

 今年27回目を迎える「保土ヶ谷宿場まつり」の実行委員会がWEB上で出資者を集う「クラウドファンディング」(CF)という仕組みを使って、運営費の一部を集める取り組みを進めている。目標額を30万円と定め、9月15日まで支援を受け付けている。

 毎年10月中旬に保土ヶ谷駅西口周辺を会場に催されている宿場まつりは1990年に始まり、3万人近い来場者を集める区内屈指のイベントとして定着している。

 実行委員会関係者によると2000年ごろまでは国や県、市などからの補助もあり潤沢な予算の中で運営されていたが、徐々に助成が縮小され01年ごろから「苦しい台所事情」となった。ここ数年は周辺企業や店舗などからの協賛金と、予算が潤沢だった当時の繰越金を切り崩す形で賄ってきたが繰越金も「底が見えている状態」だという。

目標額は35万円協賛者に返礼品

 「何とか縮小することなく継続していきたい」と実行委員会では市内の地域課題を市民参加型で解決していくウェブサイト「LOCAL GOOD YOKOHAMA」の協力を得る形でCFでの資金調達挑戦を決定した。

 今回のチャレンジでは30万円の協力を目指す。3千円以上の支援者には金額に応じて様々な返礼を用意。CFでは目標金額に達しなかった場合、協賛者に返金する仕組みとなっているため、30万円到達へ向け関係者はフェイスブックなどSNSを通じ、幅広い支援の可能性を探っている。

 関係者ら20人ほどが集まり8月上旬に開かれたキックオフイベントで実行委員会で副委員長を務める山道在明さんは「会場警備の費用を削減するわけにもいかず、芸人を呼ぶにも弁当や交通費も支給できない状態」と厳しい財政事情を話した上で、「西口周辺にとっては大切な祭り。このままでは商店街も死んでしまう。今回の新たな形のチャレンジに賛同いただく方の輪を広げていければ」と協力を呼びかけた。

 返礼品の紹介など詳しくはWEBページ(https://cf.yokohama.localgood.jp/project/hodogayashukuba2016/home)から。問合せは特定非営利活動法人横浜コミュニティデザイン・ラボ宮島さん【電話】045・664・9009へ。

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

事業のオンライン化推進

事業のオンライン化推進 社会

ケアプラなどWi−Fi整備へ

10月29日号

体験で普及の第一歩に

認知症高齢者等見守りシール

体験で普及の第一歩に 社会

仏向地域ケアプラで初開催

10月29日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月22日号

環境行動賞を受賞

カーリットの森を守る市民の会

環境行動賞を受賞 社会

長年の活動が評価

10月22日号

選手と「夢トーク」

横浜FC

選手と「夢トーク」 スポーツ

児童20人ほど リモートで

10月15日号

競歩2選手 関東へ

保土ケ谷高陸上部

競歩2選手 関東へ スポーツ

コロナ禍での自主練実る

10月15日号

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク