保土ケ谷区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

37人が救命術学ぶ 法人会が地域貢献活動

社会

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
人形を使い心臓マッサージを体験
人形を使い心臓マッサージを体験

 地域の経営者などが集い、社会の健全な発展などのために様々な活動を行っている公益社団法人保土ケ谷法人会(河原隆子会長)が3月7日、旭消防署で「普通救命講習会」を開いた。

 この日は事故や災害時に役立つ知識や技術を、消防団員が訓練用人形を用いながら指導。全国統一カリキュラムに基づき、心肺蘇生法(人工呼吸、心臓マッサージ)や「AED」の取扱い法、止血の方法などを37人の参加者が学び、受講者には横浜市消防長から「修了証」が交付された。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

18人が決意新たに

18人が決意新たに 社会

消防団が辞令交付式

5月12日号

未成年の大麻 6年で10倍

神奈川県内

未成年の大麻 6年で10倍 社会

検挙者増加 背景にSNSや誤情報

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月12日号

40種のうんち並ぶ

40種のうんち並ぶ 文化

ズーラシアで30日まで

5月12日号

横浜市スポーツ栄誉賞に

フィギュア鍵山選手

横浜市スポーツ栄誉賞に スポーツ

5月12日号

個性的なキャラが説明

プラスチック資源循環法

個性的なキャラが説明 社会

市資源循環局が動画配信

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook