保土ケ谷区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

37人が救命術学ぶ 法人会が地域貢献活動

社会

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
人形を使い心臓マッサージを体験
人形を使い心臓マッサージを体験

 地域の経営者などが集い、社会の健全な発展などのために様々な活動を行っている公益社団法人保土ケ谷法人会(河原隆子会長)が3月7日、旭消防署で「普通救命講習会」を開いた。

 この日は事故や災害時に役立つ知識や技術を、消防団員が訓練用人形を用いながら指導。全国統一カリキュラムに基づき、心肺蘇生法(人工呼吸、心臓マッサージ)や「AED」の取扱い法、止血の方法などを37人の参加者が学び、受講者には横浜市消防長から「修了証」が交付された。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

陸上・バスケが躍進

清風高校

陸上・バスケが躍進 スポーツ

関東大会に進出

6月10日号

横国大で特別授業

小中学生対象

横国大で特別授業 教育

夏休みに7講座

6月10日号

2団体が連続無火災

2団体が連続無火災 社会

出口区長から表彰

6月10日号

12日に朝市

12日に朝市 社会

区役所前広場

6月10日号

相鉄天王町駅にAI画像解析技術導入

【Web限定記事】

相鉄天王町駅にAI画像解析技術導入 社会

白杖や車いす利用者のサポート

6月10日号

横浜FCラッピングバス 運行スタート

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月3日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter