保土ケ谷区版 掲載号:2018年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

地域住民交流にも貢献 イオン天王町店の移動販売車

社会

移動販売車の傍では買い物客でにぎわう
移動販売車の傍では買い物客でにぎわう
 区内の丘陵部で買い物に不便を感じている高齢者などを支援しようと、イオン天王町店が昨夏から食料品や日用品を配送拠点に届ける移動販売を行っている。販売開始以降、1日平均約70人が買い物に来るなど地元住民からは歓迎の声が上がっているほか、人が集まることで新たなコミュニティーの場を形成するなどの役割を果たしている。

 買い物難民や運転免許返納で交通手段がない人に対し、同店では昨年3月から無料の買い物バスの運行を開始した。また、地域の活性化と高齢者の買い物を支援する目的で移動販売車を使っての販売を丘陵地域で特に高齢者の多い新井町の千丸台団地や上菅田町に打診。地元自治会の協力やさまざまな事務手続きを経て昨年7月末から販売をスタートさせた。

 軽トラックには生鮮食品や日配品など約300品目を搭載でき、希望する品物があれば事前に注文することで商品を届けることも可能。水曜を除く月曜から金曜の午前10時から午後3時40分まで1配送拠点につき約20分間車両を停車させて販売している。

 販売開始以降、住民の間で口コミで広がり、買い物客は増加。また、固定客が多く、販売スタッフや住民同士のコミュニケーションの場にもなっているという。近くに住む女性は「坂が多く、車にも乗れない中、近くに販売車がやってきてくれ、他の買い物客との会話も楽しんでいる」と笑顔で話した。移動販売車スタッフの江田祥子さんは「高齢化に伴い坂を下れない方が多くいる現状を見て、移動販売を楽しみに待ってくれる地域住民の役に立てれば」と話した。

 イオン天王町店の担当者によると今後について「区内の他の地区からも相談が来ており、前向きに検討していきたい」と話している。

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

糖尿病のいろはをレクチャー

保土ケ谷中央病院

糖尿病のいろはをレクチャー

5月31日、6月1日

5月31日~6月1日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク