保土ケ谷区版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

サーティーフォー保土ケ谷球場 改修工事終え再開場 命名権料も工事費に充当

スポーツ

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena
保土ケ谷球場
保土ケ谷球場

 県立保土ケ谷公園内の硬式野球場「サーティーフォー保土ケ谷球場」の改修工事が完了し3月16日(土)から再開場する。外野の照明塔やスタンド下にある投球練習場の照明がLED化されたほか、劣化していた内野のラバーフェンスも改修された。

 戦後間もない1949年に開場した同球場は高校野球や社会人野球の大会が開かれ「神奈川の野球の聖地」とも称される。国体の開催に合わせ1996年に球場全体を改修して以来となる今回の工事は、冬場の芝生養生期間に合わせ昨年12月中旬から始まった。

 紫外線や風雨による劣化が見られた内野部分のラバーフェンスが張り替えられたほか、スコアボード横にある外野の照明塔2基をLED化。さらに利用団体から「屋内と屋外の明るさの違いがありすぎるため、試合開始時に目が慣れない」という声を受け、スタンド下にある投球練習場の照明も高照度のLEDライトに改修された。

選手更衣室へのエアコン設置も検討

 県担当によると照明塔に関しては残る4基についても今後、LED化を図るほか、近年の猛暑の影響や社会的な流れも考慮し、選手の更衣室にエアコンを設置することも検討が進められているという。

 同球場では相模原市内に本社を構える不動産事業者「(株)サーティーフォー」と2015年から20年までの5年間、ネーミングライツ契約を結んでいる。パートナー料は1055万円で今回の改修費用の一部にこの契約料が充当された。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

建て替えで一時休業

イオン天王町店

建て替えで一時休業 経済

2022年に営業再開

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

出張指導で普及拡大へ

区の歌合唱団

出張指導で普及拡大へ 文化

「12年経ち新たなステージ」

2月6日号

働き方改革に評価

新桜ヶ丘グランコーヨー(株)

働き方改革に評価 社会

7年連続のグッドバランス賞

1月30日号

「将来への備え」強調

IR説明会

「将来への備え」強調 社会

具体的数値示し有用性示す

1月30日号

デジタル駆使し運動会

保土ケ谷小5年生

デジタル駆使し運動会 教育

2月1日、3日に初開催

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク