保土ケ谷区版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

サーティーフォー保土ケ谷球場 改修工事終え再開場 命名権料も工事費に充当

スポーツ

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena
保土ケ谷球場
保土ケ谷球場

 県立保土ケ谷公園内の硬式野球場「サーティーフォー保土ケ谷球場」の改修工事が完了し3月16日(土)から再開場する。外野の照明塔やスタンド下にある投球練習場の照明がLED化されたほか、劣化していた内野のラバーフェンスも改修された。

 戦後間もない1949年に開場した同球場は高校野球や社会人野球の大会が開かれ「神奈川の野球の聖地」とも称される。国体の開催に合わせ1996年に球場全体を改修して以来となる今回の工事は、冬場の芝生養生期間に合わせ昨年12月中旬から始まった。

 紫外線や風雨による劣化が見られた内野部分のラバーフェンスが張り替えられたほか、スコアボード横にある外野の照明塔2基をLED化。さらに利用団体から「屋内と屋外の明るさの違いがありすぎるため、試合開始時に目が慣れない」という声を受け、スタンド下にある投球練習場の照明も高照度のLEDライトに改修された。

選手更衣室へのエアコン設置も検討

 県担当によると照明塔に関しては残る4基についても今後、LED化を図るほか、近年の猛暑の影響や社会的な流れも考慮し、選手の更衣室にエアコンを設置することも検討が進められているという。

 同球場では相模原市内に本社を構える不動産事業者「(株)サーティーフォー」と2015年から20年までの5年間、ネーミングライツ契約を結んでいる。パートナー料は1055万円で今回の改修費用の一部にこの契約料が充当された。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

真珠産地に寄り添い支援

常盤台在住半田紗知子さん

真珠産地に寄り添い支援 社会

あこや貝の大量死問題受け

10月17日号

特別音楽クラブが全国へ

保土ヶ谷小

特別音楽クラブが全国へ 教育

バンドフェスで金賞目指す

10月17日号

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月10日号

YCVと命名権契約

天王町商店街協同組合

YCVと命名権契約 経済

番組やCMでPR強化

10月10日号

来年2月から一時休業

イオン天王町店

来年2月から一時休業 経済

建替え後、22年の再開めざす

10月3日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

天王町公園に特設リング

天王町公園に特設リング 社会

28日に「商店街プロレス」

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

まちかど博物館巡り

スタンプラリー企画

まちかど博物館巡り

あす11日から

10月11日~11月10日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク