保土ケ谷区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

常盤台地区 庭の手入れボラ本格稼働 独居高齢者宅など対象に

社会

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena
草刈りに汗を流すサポーターメンバー
草刈りに汗を流すサポーターメンバー

 常盤台地区で2017年に立ち上がった庭の手入れボランティア「ありが隊」が今春から本格的に稼働を開始した。20人ほどの地域住民有志が隊員となり独居の高齢者宅などで草刈りや庭木の剪定などに汗を流している。

 気温が高くなりはじめた4月上旬、常盤台の丘の上に建つ1軒の住宅に農機具を手にした男性5人が集まった。5人が向かったのは雑草が生い茂った庭だ。

 家主の鈴木成さんは87歳。戦後間もない1950年からこの地で暮らしている。庭には鉢植えや家庭菜園があったと言うが、ご主人が他界して以降、ここ数年は自身の体調の問題もあり庭に手を入れられずに困っていたという。民生委員から紹介されたのが住民有志で組織する庭の手入れ有償ボランティア「ありが隊」だった。

 メンバーは手際よく作業を進め、1時間ほどで生い茂った雑草を除去。「自分の家の庭だから、本来は自分で手入れしなければいけないのだけど、本当にありがたい」。鈴木さんは作業を見守りながら手を合わせた。

すでに多くの出動要請

 同地区では横浜国立大学と協働で地域課題解決へ向けたワークショップを定期的に開催。これまで防災マップや支え合いマップなどを作り上げてきた。

 16年度にテーマとしたのが「町の人材バンク」。地域の困りごとに関するアンケート調査の結果、介護保険が適用できない庭の手入れに需要があると判断し翌年、「ありが隊」を発足。昨年度は講習会に参加し技術習得を図るなど本格稼働へ向けた準備を進めてきた。

 すでに多くの依頼が寄せられておりメンバーのひとりは「高齢者の独居宅が増えている。活動を通じて地域内で顔の見える関係が構築される。世代を問わず多くの地域住民が参加してもらえれば」と話す。問い合わせは常盤台地域ケアプラザ生活支援コーディネーター・森谷さん【電話】045・339・5701へ。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

新劇場整備へ検討委設置

横浜市

新劇場整備へ検討委設置 文化

多面舞台備え集客効果狙い

6月13日号

稀代の名器 音色蘇る

横浜国立大学

稀代の名器 音色蘇る 文化

修理費出資者集め演奏会

6月13日号

外遊びの安全確保に苦悩

横浜市内認可保育園

外遊びの安全確保に苦悩 社会

4割が狭い園庭

6月6日号

新広報車を導入

保土ケ谷交通安全協会

新広報車を導入 社会

57の法人、個人から200万円超の寄付

6月6日号

外国人人口10万人超え

横浜市

外国人人口10万人超え 社会

多言語相談など支援強化

5月30日号

スマホ決済普及へ実証実験

洪福寺松原商店街

スマホ決済普及へ実証実験 経済

浜銀のサービス使い18店で

5月30日号

国交大臣表彰を受賞

境木ふれあいの樹林運営委員会

国交大臣表彰を受賞 社会

良好な維持管理などが評価

5月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク