保土ケ谷区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

子ども食堂にぶどう 農園を営む区民から

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
坂野さんから寄贈されたぶどう
坂野さんから寄贈されたぶどう

 区内と山梨の2カ所でぶどうを栽培している農家、坂野勝則さんがこのほど、横浜市保土ケ谷区社会福祉協議会(山崎滋会長)に農園で収穫したぶどうおよそ10キロを贈った。

 坂野さんは地域の課題を自ら解決していく手法を検討することなどを目的と地域づくりプロジェクト「ほどがや楽考」に参加。現在、常盤台地区で展開している庭のお手入れボランティア「ありが隊」の立ち上げに携わるなど、地域活動に取り組んできた。

 今回の取り組みについても家族の枠組みを超えて地域のつながりを広げたいという思いから「食」を通してサポートできないかと以前から作業研修をしていた山梨のぶどう園で収穫したぶどうをお裾分け。今年は自ら農園を立ち上げ山梨を拠点に活動し栽培したぶどうを贈った。

 坂野さんは「ボランティアは双方向の活動で成り立つと考えている。『みんなの食堂』で子どもたちから感想文を頂いてこちらとしても励みとなる。自分が活動することで周りの方々にも関心を持っていただけるきっかけとなれば」と話した。

 区社協の担当者によると、贈られたぶどうは8月に開催される「子ども食堂」に提供されるという。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

ハロウィン気分を満喫

ズーラシア

ハロウィン気分を満喫 社会

28日・29日は特別ガイド

10月21日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月21日号

クイズラリーを開催中

横浜FC×区内商店街

クイズラリーを開催中 社会

抽選でプレゼントも

10月21日号

スマホで横浜港散策

【Web限定記事】

スマホで横浜港散策 社会

市、音声で歴史解説

10月21日号

行政書士による無料相談会

始めよう買い物時の「てまえどり」

「誰かじゃなく、私から」

始めよう買い物時の「てまえどり」 社会

10月は「食品ロス削減月間」

10月21日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook