保土ケ谷区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

県立商工高校総合ビジネス学科 自校ブランド商品開発へ ネット上で出資金調達挑戦

教育

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena
生徒らが協力を呼びかけるクラウドファンディングのページ(受付開始前)
生徒らが協力を呼びかけるクラウドファンディングのページ(受付開始前)

 県立商工高校総合ビジネス科の3年生12人が商品開発の授業の一環としてインターネット上で出資者を集う仕組みクラウドファンディング(CF)に挑戦している。集まった資金は健康をテーマにした独自のドレッシングの開発・製造・販売にかかる費用に充当する計画。100万円を目標に31日まで協力を受け付ける。

 同科では卒業後の実社会で活かせるビジネススキルを身につけるために、実践的な商品開発の授業を行っている。これまでは地元の弁当屋やホテル、大手コンビニチェーンなどと共同で商品を生み出してきた。しかし今年度はより実践的な商品開発に挑戦しようと、開発から販売に至るまで全ての段階を生徒自らが担う「自校ブランド」の創出にチャレンジすることを決めた。

 初の自校ブランド商品のテーマにしたのが「食と健康」。どんな主菜のパートナーにもなり得るサラダに欠かせないドレッシングに着目した。

 スパイスの専門家から講義を受けながら作った試作品の中からピーナッツオイルをベースにトマトと5種のスパイスをブレンドしたドレッシングと、アマニオイルに金ゴマと3種類のスパイスをブレンドした2作品を商品化。

 「さまざまな人にとって『自分へのご褒美』となるようなドレッシングになれば」との思いから、「リワード(ご褒美)ドレッシング」と名付けられた初の県商工ブランド商品は金沢区内の液体調味料製造会社に依頼し、すでに製造が始まっている。

目標は100万円

 今回のプロジェクトでは商品開発から販売までにかかる資金をCFで集めている。目標額は100万円で500円から支援を受け付ける。3千円以上の出資者には返礼品としてドレッシングなどが発送される。

 授業を担当する加藤世紀教諭は「ドレッシングの販売益を次年度以降の新たな商品開発の資金にすることで、自校ブランドを生み出すサイクルを作り出せればと考えている。多くの方々にご協力いただければありがたい」と話している。

 出資を希望する場合は専用のサイト(https://camp-fire.jp/projects/202686/preview?token=2fp48x1w)から。
 

葬儀の事前相談もお任せください

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

建て替えで一時休業

イオン天王町店

建て替えで一時休業 経済

2022年に営業再開

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

出張指導で普及拡大へ

区の歌合唱団

出張指導で普及拡大へ 文化

「12年経ち新たなステージ」

2月6日号

働き方改革に評価

新桜ヶ丘グランコーヨー(株)

働き方改革に評価 社会

7年連続のグッドバランス賞

1月30日号

「将来への備え」強調

IR説明会

「将来への備え」強調 社会

具体的数値示し有用性示す

1月30日号

デジタル駆使し運動会

保土ケ谷小5年生

デジタル駆使し運動会 教育

2月1日、3日に初開催

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク