保土ケ谷区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

医療・介護連携を推進 関係者270人が意見交換

社会

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena
講演後のグループワークで各業種の視点から意見交換が行われた
講演後のグループワークで各業種の視点から意見交換が行われた

 区内の医療や介護などといった関係機関や団体が一堂に会し、さまざまな課題を共有、話し合う「保土ケ谷区多職種連携会議全体会」が10月17日、保土ケ谷公会堂で行われた。

 この会議は2017年に市が策定した、住み慣れた地域や自宅で医療を続け、暮らせる仕組みを整える介護・医療・予防・生活支援・住まいが一体的に提供される「横浜型地域包括ケアシステム」の構築推進や在宅医療を担う人材育成の一環として行われているもの。

 区内では同システムの策定に先駆けて医療と介護の連携強化の観点から2014年から行われており、今回で6回目の開催。毎年各業界が抱えている課題の中からテーマを1つ取り上げ、基調講演ののち、グループワークを行い、横のつながりの強化を図ってきた。

 この日は区内各地区の医師や歯科医師、看護師、ケアマネージャーら約270人が参加。口腔衛生が全身に与える影響について金子歯科医院の金子守男医師が講演。その後、公会堂のホールと会議室を使って20のグループに分かれ、口腔衛生についてそれぞれの立場から意見交換を行っていた。

 主催関係者は「他の区でも同様の会議は開催されているが、これだけ多くの人が集まることは他にはないと聞く。それだけ、認知が広まり顔の見える関係も構築できている。この会議を通して改めてお互いの職種を理解するきっかけとなれば」と話した。
 

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

防火・防災の貢献称える

保土ケ谷消防署

防火・防災の貢献称える 社会

8個人・団体を表彰

5月7日号

区内3例目の市長表彰

保土ケ谷西部連合自治会

区内3例目の市長表彰 社会

4年間の無火災達成

5月7日号

全国500社に区内から2社

健康経営優良法人

全国500社に区内から2社 社会

「社員のために」が評価

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

現職2人と新人が準備

衆院選6区

現職2人と新人が準備 政治

立民・維新・自民の三つ巴か

4月22日号

再生プラでチームグッズ

横浜FC

再生プラでチームグッズ 社会

ボトルキャップ50gで進呈

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter