保土ケ谷区版 掲載号:2020年1月9日号 エリアトップへ

横浜市 「指定ごみ袋制」検討へ 環境への配慮も背景に

社会

掲載号:2020年1月9日号

  • LINE
  • hatena
現在の集積場所のようす
現在の集積場所のようす

 家庭から排出されるごみについて、横浜市が指定ごみ袋制度の検討を開始する。分別の効率化や植物由来素材などを使った環境負荷の少ない指定袋を導入することによる温暖化対策がねらいだ。

 市では現在、ごみを出す場合、中身がはっきりと確認できる透明か半透明の袋に入れてごみを排出するルールで、スーパーマーケットなどのレジ袋でも排出することが可能だ。

 ただ、7月から全国の小売店でレジ袋の有料化が義務づけられるほか、昨今、海洋プラスチック問題が大きく報じられるなど、環境問題に対する社会機運も高まっている現状もある。また、市内の外国人人口が増え分別ルールの多言語表記が求められるといった社会的な背景もあり、資源循環局政策調整部は「指定ごみ袋について検討を進めるにはいいタイミング」と話す。

 林文子市長は市議会12月定例会の中で「指定袋の導入は効率的な分別を促すことに加え、バイオマスプラスチックの使用により、温暖化対策にも有効」と答弁した。

時間かけ判断

 同部によると、今後は制度導入によるメリットや課題点の把握に努めるほか、植物由来の原料を配合したバイオマスプラスチック素材など、環境負荷の少ない商品に関する調査も進める方針で、「市民サービス向上という観点から前向きに検討を進めるが、導入の是非も含めしっかりと見極めたい」としている。

 また、指定袋制度を導入する場合は「市民の理解と相当な周知期間が必要。メーカーや販売店との調整も必要となる」とし、性急な制度導入には否定的な姿勢を示している。

有料化導入は

 指定袋制度は全国20の政令市中13市で導入している。このうち札幌市や京都市など9つの市が袋の代金にごみの回収・処理費用を上乗せした有料化制度を導入しているが、同部は「市民負担とならないことを前提としつつ、有料化の可能性についても調査・研究を進めていく」とした。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「保中タイムズ」が最優秀

保土ケ谷中新聞部

「保中タイムズ」が最優秀 教育

県コンクール3連覇

12月3日号

「見守りシール」普及進まず

認知症高齢者等

「見守りシール」普及進まず 社会

活用事例は2年で27件

12月3日号

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

終電最大20分繰り上げ

相模鉄道

終電最大20分繰り上げ 社会

来春のダイヤ改正から

11月26日号

ベルギーへ完全移籍

横浜FC斉藤光毅選手

ベルギーへ完全移籍 スポーツ

「活躍する姿で感謝を」

11月19日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク