保土ケ谷区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

イオン天王町店 建て替えで一時休業 2022年に営業再開

経済

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena
最後の客を見送る関係者
最後の客を見送る関係者

 イオンリテール(株)が運営する「イオン天王町店」が2月9日の営業終了をもって、建て替えのため一時休業期間に入った。今後、既存の建物を取り壊し、2022年の営業再開をめざす計画となっている。

 40年以上にわたり地域経済を支えている同店は、1977年に「ニチイ天王町ショッピングデパート」としてオープン。92年に「天王町サティ」に店名を変更し、2011年からは「イオン天王町店」となった。同社が運営を手掛ける約400店舗の中でも有数の売り上げ規模を誇る旗艦店だ。

 最終日となった9日夕刻には多くの買い物客が来店。神戸町に暮らし、ニチイ時代から買い物に訪れていたという吉田聡子さん(78)は、「オープン間もない頃から、子どもの手を引きながら買い物し、今は孫を連れて来ている。私にとっては思い出深いお店」と少し寂しげに話した。

 午後8時過ぎ、1千人近い人が集まる中、浅井弥一店長は「本日で42年間の営業をいったん休ませていただきます。歴史と緑あふれる保土ケの地でたくさんの皆様にご愛顧いただいたことを従業員一同感謝申し上げます。2022年に装い新たにニューイオンスタイル天王町として皆様にお会いできることを楽しみにしています」と挨拶。シャッターが下され一時休業期間に入った。

ネットスーパー移動販売は継続

 ネットスーパーや、移動販売車の運行は継続する。また、少しでも地域の買い物需要に応えようと、1月に閉店した和田のマックスバリュー跡地に「イオン横浜和田町店」を3月下旬に開業する予定だという。

シャッターが閉められ一時休業に入った
シャッターが閉められ一時休業に入った

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

南米の農村地を食支援

新型コロナ

南米の農村地を食支援 社会

横国大生らが協力呼びかけ

7月9日号

フェイスシールド寄贈

横浜保土ケ谷ライオンズクラブ

フェイスシールド寄贈 社会

商店街など7カ所に

7月9日号

医療体制拡充に56億円

医療体制拡充に56億円 政治

市、第2、3波に備え

7月2日号

「フリ丸印のぱん」開発

横浜FC

「フリ丸印のぱん」開発 社会

上星川のパン屋とタイアップ

7月2日号

ハチ被害 注意喚起

ハチ被害 注意喚起 社会

「巣を見つけたら区に相談を」

6月25日号

どう変わる?学校生活

市立小中

どう変わる?学校生活 教育

7月に給食・部活再開

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 7月3日16:09更新

  • 7月2日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク