保土ケ谷区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

NTT東日本神奈川グループ ひまわりの種、福島へ 保土ケ谷公園で収穫作業

社会

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena
収穫作業のようす
収穫作業のようす

 東日本大震災からの復興を支援する取り組み「福島ひまわり里親プロジェクト」に参加しているNTT東日本神奈川グループのメンバーが8日、県立保土ケ谷公園内で育てていたひまわりの種を収穫した。収穫した種は選別や乾燥などの作業を経て年内に福島県内のNPO法人に送られる。

 このプロジェクトは東日本大震災後の2011年5月、「復興のシンボルとしてひまわりを咲かせよう」とはじまった。東日本大震災で仕事が減少した福島県内の障害者作業所に、ひまわりの種のパック詰めを依頼して全国に販売。種を購入した人や団体が「里親」となり各地域で育て、収穫した種を福島に送り返す。福島に届いた種は県内の畑や駅、学校などに配布され、観光振興に役立てられるほか、福島県内で収穫された種は障害者作業所で搾油され、バスの燃料として利用されるなど、雇用対策にもつながっている。

 NTT東日本神奈川グループでは地域貢献活動および環境活動の一環として2015年からプロジェクトに参加。17年からは、県立保土ケ谷公園のプールの傍にあるにぎわい広場で毎年500本前後のひまわりを育てている。例年は6月頃に種を撒き、8月末に種を収穫。1カ月ほど乾燥させた後、唐箕を使用して選別作業を行い、12月頃に福島に送り返している。

 今年はコロナ禍の影響で例年通りの活動ができないことから中止が検討されていたが、同公園職員らが育成などに協力することで活動が実現。およそ400本のひまわりが公園利用者の目を楽しませた。

 8日に行われた収穫作業では、同社の社員らが保土ケ谷公園を訪れ、鳥の食害被害防止のためにネットがつけられた種の部分を一本一本丁寧に切り取りながら、およそ5kgの種を収穫した。

 同社総務担当の菊池信浩さんは「今年は長雨の影響もあり全体的に小ぶりな花になったが、保土ケ谷公園の職員の皆さんの協力もあり無事種を収穫できてよかった」と話した。

広場内約80mにわたり咲き誇った(8月)
広場内約80mにわたり咲き誇った(8月)

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月22日号

環境行動賞を受賞

カーリットの森を守る市民の会

環境行動賞を受賞 社会

長年の活動が評価

10月22日号

選手と「夢トーク」

横浜FC

選手と「夢トーク」 スポーツ

児童20人ほど リモートで

10月15日号

競歩2選手 関東へ

保土ケ谷高陸上部

競歩2選手 関東へ スポーツ

コロナ禍での自主練実る

10月15日号

コロナ禍で独自演奏会

区内7中学吹奏楽・MB(マーチングバンド)部

コロナ禍で独自演奏会 コミュニティ教育

YCVなどで動画配信

10月8日号

移動販売で買い物支援

市営住宅コンフォール明神台

移動販売で買い物支援 コミュニティ社会

指定管理者用駐車場を利用

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク