保土ケ谷区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

休日急患診療所 4日から一時移転 来年3月まで岩間町に

社会

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena
仮の診療所が開設されることになる岩間町の「三師会館」
仮の診療所が開設されることになる岩間町の「三師会館」

 「保土ケ谷区休日急患診療所」が4月4日(日)から来年3月まで岩間町の三師会館1階(岩間市民プラザ内)に一時移転し診療を受け付ける。老朽化などのため今夏着工する建て替え工事に伴う措置で、診療体制などに関する変更はない。

 休日急患診療所は日曜日や祝日で診療所・病院が休みの際、保土ケ谷区医師会(浅井俊弥会長)に加盟する内科医・小児科医2人が当番制で急病人を診察する機関。医師会事務局によると冬場のインフルエンザの蔓延状況により増減はあるものの、年間3千人から3500人が利用しているという。

 天王町の保土ケ谷地区センターの近くにある区休日急患診療所は1980年4月に開所。築40年以上が経っており、老朽化が進んでいたため、建て替え工事が決まっていた。

 建て替え工事に伴い区医師会では岩間市民プラザ1階の三師会館(岩間町1の7の15)に仮診療所を開設する。これまで同様、日曜・祝日・年末年始の午前10時から午後4時まで(受付/午前9時30分から午後3時30分まで)診療を受け付ける方針だ。

 仮診療所となる三師会館には駐車場がなく、医師会では、来所する際には公共交通機関を利用するか、車両で来所する場合には近隣のコインパーキングの利用を呼び掛けている。

 問い合わせは区医師会(平日)【電話】045・335・6333/(休日)【電話】045・335・5975へ。

感染症対策

 建て替えへ向け設計が進む中、新型コロナウイルス感染症が拡大したことに伴い計画が一部見直された。

 新診療所には5つの診察室が設けられるが、このうち2つを室内の気圧を室外よりも低くすることでウイルスなどで汚染された可能性のある空気を室外に逃さないようにし感染症の拡大を防止するため陰圧化。感染症対策用の玄関を作り、一般患者との動線が分かれる構造とした。

 さらに駐車場に通じる職員専用の通用口を設置。発熱など感染症の疑いのある患者が来所した際には、車から降りずに診察対応することが可能になるという。
 

新診療所の完成イメージ
新診療所の完成イメージ

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

障害者の力作 暦の挿絵に

偕恵いわまワークス

障害者の力作 暦の挿絵に 社会

100作品から12枚を厳選

12月2日号

「神社de(で)献血」初実施

星川杉山神社

「神社de(で)献血」初実施 社会

特別な「御朱印」も授与

12月2日号

国交大臣表彰を受賞

法泉境木自治会

国交大臣表彰を受賞 社会

道路清掃活動に評価

11月25日号

老舗の味 ポテチで再現

ハングリータイガー

老舗の味 ポテチで再現 社会

スーパー、SA(サービスエリア)などで随時販売

11月25日号

公園愛護の功績を表彰

公園愛護の功績を表彰 社会

在職10年超える2会長

11月18日号

橘樹神社で奉納歌舞伎

天王町

橘樹神社で奉納歌舞伎 文化

子どもたち12人が21日

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook