保土ケ谷区版 掲載号:2021年6月10日号 エリアトップへ

高校野球 夏の決勝 保土ケ谷で 五輪開催で46年ぶり

スポーツ

掲載号:2021年6月10日号

  • LINE
  • hatena
神奈川の高校野球の聖地とも呼ばれる保土ケ谷球場
神奈川の高校野球の聖地とも呼ばれる保土ケ谷球場

 2年ぶりの開催となる「第103回全国高校野球選手権神奈川大会」の決勝戦が花見台の県立保土ケ谷公園内にあるサーティーフォー保土ケ谷球場で実施されることになった。

 夏の高校野球神奈川大会は例年、横浜スタジアムで決勝戦が行われている。しかし今夏はスタジアムが東京五輪の野球・ソフトボール会場となっており、使用できないため保土ケ谷球場での開催となった。

 1949年に開場した同球場は長年、「神奈川の高校野球の聖地」と称され、数々の名勝負が繰り広げられてきた。秋季大会や春季大会で決勝戦が行われることはあるが、夏の大会の決勝戦会場となるのは、75年の第57回大会以来で46年ぶりとなる。

 この時は現在、読売巨人軍の監督を務めている原辰徳選手らを要した東海大相模高校が日大藤沢高校を下し神奈川を制し、甲子園出場を決めている。

 176チームが出場する今大会は新型コロナウイルスの感染拡大防止策として開会式は実施せず、7月10日(土)から保土ケ谷球場を含む県内11球場で試合が行われる。

 保土ケ谷球場では開幕日の10日から27日(火)の決勝戦まで23試合が予定されている。4回戦までは観客入場数に制限を設け、5回戦以降は前売りで入場券が販売される。

区内4校の初戦は

 6月5日には組み合わせ抽選会が横浜市内であり、区内から出場する4校の初戦相手が決まった。

 3度の甲子園出場経験を持つ古豪・県商工高校は10日に保土ケ谷球場で横浜立野と対戦。11日には保土ケ谷高校が小田原球場で西湘と初戦を戦う。光陵高校は12日に中栄信金スタジアム秦野で秦野総合と対戦する。過去2度の準優勝経験がある桜丘高校は2回戦からの登場。14日に保土ケ谷球場で神奈川大附との初戦に挑むことになる。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

補助制度の実績「低調」

ブロック塀改善事業

補助制度の実績「低調」 社会

申請期間延長を検討

10月21日号

高架下空間開発に着手

相模鉄道本線星川―天王町間

高架下空間開発に着手 社会

スーパーやカフェなど計画

10月21日号

生徒考案のパン販売

県商工高校総合ビジネス科

生徒考案のパン販売 社会

横浜駅構内など8店舗で

10月14日号

横浜国大に台風研究機関

横浜国大に台風研究機関 社会

「制御」や「発電」も視野

10月14日号

仏向町の森に熱帯昆虫

仏向町の森に熱帯昆虫 社会

「アカギカメムシ」見つかる

10月7日号

女子団体組手で全国制覇

西谷中空手道部

女子団体組手で全国制覇 スポーツ

団体形でも準優勝

10月7日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook