保土ケ谷区版 掲載号:2021年6月17日号 エリアトップへ

横浜市 水道料金値上げへ 7月利用分から1割増

社会

掲載号:2021年6月17日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は7月1日以降の利用分から水道料金を改定する。20年ぶりの改定で、平均12%の値上げ。背景には事業を支える水道料金が年々減少する一方、設備更新や耐震化にかかる整備費が増加していることがある。

設備更新などの資金確保

 利用者から支払われる水道料金をもとに成り立つ水道事業。横浜市では事業の収入全体の約8割を水道料金が占めるが、2001年度の約789億円をピークに、節水機器の普及などから19年度には約694億円まで減少。この状況が続くと、設備更新の資金などとして積み立てる累積資金残額が20年度の約167億円から減少し、29年度には約618億円不足する見通しとなっていた。

 一方、市内には高度経済成長期に整備した水道設備が多く、現状で市水道局が管理する水道管の耐震化率は全体の約3割。今後も計画的な更新や耐震化が必要で、300億円台を推移していた施設等整備費が、今後は400億円以上必要になるという。

 これまでも事業の見直しや人員削減などによって経費削減を進めてきたが、こうした資金確保のために料金改定に踏み切った。市水道局担当者は「経営努力などでしのいできたが、非常に厳しい状況。安定的に水を供給していくためにご理解いただければ」と話す。

配慮や支払い猶予も

 今回の改定では給水管の口径毎に基本料金を決め、使用量に応じて従量料金を加算。利用者の約99%を占める口径13〜25mmの平均的な使用水量で月額111〜235円の引き上げで、9月の検針分から適用される。

 また、入浴料が法令で決められている公衆浴場に対しては、できる限り負担にならないように配慮し、一般用とは別で利用実績に応じた値上げ額を決めた。金沢区内の浴場経営者は「今後を考えれば仕方ないが、家庭同様では立ち行かない店も出てしまう」と話す。

 市は新型コロナウイルスの影響で支払いが困難な場合に、料金支払いを猶予する制度を実施。今年5月末までに2229件受け付けた。詳細はサービスセンター【電話】045・847・6262。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

障害者の力作 暦の挿絵に

偕恵いわまワークス

障害者の力作 暦の挿絵に 社会

100作品から12枚を厳選

12月2日号

「神社de(で)献血」初実施

星川杉山神社

「神社de(で)献血」初実施 社会

特別な「御朱印」も授与

12月2日号

国交大臣表彰を受賞

法泉境木自治会

国交大臣表彰を受賞 社会

道路清掃活動に評価

11月25日号

老舗の味 ポテチで再現

ハングリータイガー

老舗の味 ポテチで再現 社会

スーパー、SA(サービスエリア)などで随時販売

11月25日号

公園愛護の功績を表彰

公園愛護の功績を表彰 社会

在職10年超える2会長

11月18日号

橘樹神社で奉納歌舞伎

天王町

橘樹神社で奉納歌舞伎 文化

子どもたち12人が21日

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook