保土ケ谷区版 掲載号:2021年12月23日号 エリアトップへ

議会報告 みんなが食べられる中学校給食へ 日本共産党横浜市会議員 北谷(きたたに)まり

掲載号:2021年12月23日号

  • LINE
  • hatena

全員喫食は国の定め

 今年の4月から横浜市で始まった中学校給食は注文式デリバリー方式で、直近の喫食率は21%です。学校給食法では、「学校給食の普及充実および学校における食育の推進を図ることを目的とする」と給食の普及充実が国・地方自治体に求められています。また文部科学省策定の「学校給食実施基準」では、その第1条に「学校給食は、これを実施する学校においては、当該学校に在学するすべての児童又は生徒に対し実施されるものとする」と明確に全員喫食だと示されています。したがって、給食を実施するにあたり全員喫食は、法でも実施基準でも求めているものです。

全国では

 遅れている自治体でも、すでに多くのところでは選択式から全員喫食へと変わり、さらに自校方式・親子方式・センター方式など様々な方式で全員喫食の中学校給食を実施しています。子どもの貧困がクローズアップされている中、少なくとも学校の中では、競争社会の中で経済格差を気にせず全員が食べられる条件をつくることも必要であると考えます。

市内でも

 すでに横浜市立西金沢義務教育学校(西金沢学園)では、自校調理方式での全員喫食の中学校給食が実現しており、来年4月に開校する横浜市立緑園義務教育学校(緑園学園)でも、同様に実施される準備がなされています。日本共産党は栄養バランス・食育・公平性の観点から小学校と同じ自校調理方式による全員喫食の中学校給食を目指しますが、まず、様々なやり方で実施できるところから順次進めることを提案しています。

 横浜市会第4回定例会で、山中竹春市長が進める全員喫食の中学校給食について「どんな思いでどんな意義を持つものなのか」との日本共産党の質問に対し、市長は「学校給食法の趣旨を踏まえつつ、生徒の成長を支えるために、そして子ども達の将来の食生活を豊かにするために栄養バランスの取れた給食を、より多くの生徒に届けたい」と答えました。

 日本共産党は、みんなが食べられる中学校給食実現のために力を尽くします。

日本共産党横浜市会議員団 北谷まり

保土ケ谷区上星川2-1-13

TEL:045-381-1713

http://www.kitatani-mari.jp/

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

保土ケ谷区版の意見広告・議会報告最新6

すべての子どもに笑顔が生まれる社会を!

県政報告

すべての子どもに笑顔が生まれる社会を!

立憲民主党・民権クラブ 神奈川県議会議員 もちづき聖子

5月5日号

市長の公約実現に市民も期待

市政報告

市長の公約実現に市民も期待

日本共産党横浜市会議員 北谷(きたたに)まり

4月21日号

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

自民党横浜市会議員団

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

募金280万円をオデーサ市に国際送金

4月7日号

市政重要課題について議論を深める

市政報告【6】

市政重要課題について議論を深める

横浜市会議員 森ひろたか

4月7日号

進化する中学校給食

公明党横浜市議団市政報告

進化する中学校給食

3月31日号

星川駅南口交通広場開設ときめ細やかな地域交通の推進

市政報告

星川駅南口交通広場開設ときめ細やかな地域交通の推進

自由民主党 横浜市会議員 いそべ圭太 3期40歳

3月31日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook