保土ケ谷区版 掲載号:2022年4月28日号 エリアトップへ

釜台町在住尾方さん 柔道日本一へ挑戦 県内から唯一の出場

スポーツ

掲載号:2022年4月28日号

  • LINE
  • hatena
大会を前に意気込む尾方さん
大会を前に意気込む尾方さん

 釜台町在住の尾方寿應(としまさ)さん(磯子警察署所属・26)が、4月29日に日本武道館(東京都)で開かれる「全日本柔道選手権大会」への初出場を決めた。予選を勝ち抜き、神奈川県内からは唯一の出場。大会を前に「一度は出てみたかった大会。1つでも多く勝ちたい」と意気込む。

 同大会は1948年から続く柔道の日本一を決めるもの。年齢や体重など全て無差別のため、その年の最強の柔道家を決める大会と言われる。

 身長は175cmで、柔道家としては決して大きくない尾方さん。階級制の大会では81キロ級に出場するが、無差別の今大会は予選から自身より大きな相手と多く対峙し、厳しい戦いも多かった。

 それでもスピードを生かした組手と足技で勝負に挑み、3月に行われた関東予選の全国出場者決定戦では、120kg近い相手と対戦。序盤から積極的に攻め立てたことで、相手が指導を重ねて勝利。関東6位に入り、全国へ駒を進めた。

 尾方さんは「昔から出たかった大会なので、一つ夢が叶った」と初出場を決めた喜びを語る。

県警の特練員

 父親が元警察官で柔道経験者だった影響で6歳から柔道を始めた尾方さん。通った朝飛道場(神奈川区)は五輪メダリストの羽賀龍之介選手らを輩出し、尾方さんも小学校高学年の頃から日本一を目指して稽古に励んできた。常盤台小学校卒業後は、柔道名門校の東海大相模中・高、東海大学へ進学。インターハイ優勝をはじめ、全国大会でも結果を残してきた。

 普段は神奈川県警の特練員として、県警察武道館(狩場町)で稽古を重ねる日々。大会を目前に控え、母校の東海大などで自分よりも大きな相手と出稽古にも励む。「大きな相手にパワーでは勝てない。スピードやタイミングを意識して、背負い投げなど担ぎ技で勝負していく」と尾方さん。まずは初戦突破を目指し、全力を尽くす。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

基本的対策徹底し親睦旅

川島東部連合町内会

基本的対策徹底し親睦旅 社会

「開催できる方法」模索

6月23日号

発足後初のイベント

星川商店会

発足後初のイベント 経済

駅前広場で26日に「縁日」

6月23日号

新球技場整備へ動き

三ツ沢公園

新球技場整備へ動き スポーツ

市が構想案示す

6月16日号

屋上から「いってらっしゃい」

屋上から「いってらっしゃい」 教育

西谷中で修学旅行時の伝統

6月16日号

雨でも風でもラジオ体操

常盤公園

雨でも風でもラジオ体操 社会

20年つづく朝の光景

6月9日号

3種目で関東大会へ

保土ケ谷高校陸上部

3種目で関東大会へ スポーツ

同部史上最多9人が出場

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook