神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2023年11月23日 エリアトップへ

日蓮宗樹源寺 権住職 日比(ヒビ)宣仁(センジン) 連載31 法話箋 〜鹿苑〜 「色香中道」

公開:2023年11月23日

  • X
  • LINE
  • hatena

 「一色一香無非中道(いっしきいっこうむひちゅうどう)」は、「一色(いっしき)も一香(いっこう)も中道(ちゅうどう)に非(あら)ざる無(な)し」と書き下し、「色香中道(しきこうちゅうどう)」と略します。この一句は、中国仏教の一派である天台宗(てんだいしゅう)(六世紀頃〜)で強調され、最澄(さいちょう)(七六六〜八二二)をはじめとする日本天台宗に受け継がれ、日本仏教の根幹思想となりました。

 色(しき)と香(こう)とは、いずれも物質のことであり、中道(ちゅうどう)とは悟りのことです。つまり「すべての物質に、悟りでないものはない」という意味合いになります。我々を取り囲む環境は悟りの世界に他ならない、ということです。

 この思想は、日本人の自然観に大きな影響を及ぼしました。春の芽吹きの香り、夏の蝉時雨、秋虫の涼しげな鳴き声、冬にしんしんと降り積もる音なき雪の音。以上のような情緒を感じ取ることができる日本人の感性の根底には、「色香中道(しきこうちゅうどう)」思想があると言えるでしょう。日常生活から小さな幸せを感じ、それらに感謝をしながら生きて行ければ良いのではないでしょうか。

保土ケ谷区版のコラム最新6

法話箋 〜鹿苑〜

日蓮宗樹源寺 権住職 日比(ヒビ)宣仁(センジン) 連載34

法話箋 〜鹿苑〜

「悟りの智慧―常と無常の調和―」

2月29日

ミルキーJr.モカ Jr.モネのほどがや

vol.512

ミルキーJr.モカ Jr.モネのほどがや

「春の足音【2】」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

2月22日

横浜とシュウマイと私

連載コーナー36

横浜とシュウマイと私

「昨年シュウマイを盛り上げたのは?」

2月22日

ミルキーJr.モカ Jr.モネのほどがや

vol.511

ミルキーJr.モカ Jr.モネのほどがや

「春の足音」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

2月8日

ミルキーJr.モカ Jr.モネのほどがや

vol.510

ミルキーJr.モカ Jr.モネのほどがや

「節分」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

1月25日

法話箋 〜鹿苑〜

日蓮宗樹源寺 権住職 日比(ヒビ)宣仁(センジン) 連載33

法話箋 〜鹿苑〜

「仏教の難(むつか)しさ」

1月25日

保土ケ谷ほっとなまちづくり

こどもたちが自分たちのまちほどがやについて話し合いました

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook