神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2024年3月21日 エリアトップへ

樹源寺人道橋が開通 歩行者の安全確保に

社会

公開:2024年3月21日

  • X
  • LINE
  • hatena
「渡初め式典」では人々の安全祈願などを行った
「渡初め式典」では人々の安全祈願などを行った

 保土ケ谷町の樹源寺の境内と墓地を結ぶ跨線人道橋の開通を記念する「渡初め式典」が3月13日に同所で行われた。これまでは境内―墓地間の移動は全長24mの踏切を渡る必要があった。跨線人道橋の開通により、歩行者の安全確保や利便性の向上が期待できる。

 横浜市は2015年、市内167カ所の踏切に対して安全対策を計画的に進めようと、「踏切整備計画」を公表。その中で樹源寺踏切を廃止し、跨線人道橋の設置を進めてきた。

 踏切はJR東海道線・横須賀線の保土ケ谷駅―東戸塚駅間に位置。線路の南側に位置する寺院と北側の墓地を結ぶ歩行者専用踏切で、彼岸や盆の時期を中心に参拝者が利用している。全長24mで、4つの線路と段差などがある。樹源寺の日比宣俊住職は「高齢者が渡り切れずに列車が緊急停車することもあった」といい、約50年前から市などに跨線人道橋の設置を求めてきた。市が設置費用を確保し、近隣住民からの理解が得られたことで整備が決まった。

 「渡初め式典」には、樹源寺の僧侶、市の職員らが出席。日比宣仁副住職が中心となって橋上で祈祷を行い、出席者は橋を渡る人々の安全などを祈願し、日本酒をまいた。橋が開通し、歩行者の安全確保だけでなく、保土ケ谷町方面と岩崎町方面の往来が便利になるなど、利便性の向上も期待できる。

エレベーターの設置検討

 跨線人道橋の整備は踏切の撤去などを終えた上で完了となり、25年3月に完成予定。日比住職は「橋は階段を楽に上れるよう、エレベーターの設置を想定した設計で造られている。資金面などもあり実現するかは分からないが、誰もが気軽に渡れる橋になることを願いたい」と期待を込める。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「地場ワイン」今年も上々

「地場ワイン」今年も上々

原料は川島町のぶどう

4月18日

保土ケ谷は50年で25%減

横浜市将来人口推計

保土ケ谷は50年で25%減

世帯数は2割ほど減少の見通し

4月18日

商店街舞台の演劇企画

元宝塚歌劇団大洋あゆ夢さん

商店街舞台の演劇企画

役者募集、町おこしに一手

4月11日

障害者診療「限界近い」

横浜市歯科保健医療センター

障害者診療「限界近い」

二次機関拡充求める声も

4月11日

75%が定住意向

保土ケ谷区区民意識調査

75%が定住意向

災害対策「何もしてない」3割

4月4日

4月から雇用率引上げ

障害者就労

4月から雇用率引上げ

市も企業啓発に注力

4月4日

あっとほーむデスク

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook