神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2024年6月13日 エリアトップへ

星川の倉根さん宅 「珍花」 地域の話題に 「数十年ぶりに咲いた」

社会

公開:2024年6月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
白い花が咲く(6月6日撮影)
白い花が咲く(6月6日撮影)

 星川在住の倉根次男さん(79)から「自宅の盆栽周りの竹に花が咲いている」という情報が本紙に寄せられた。数十年から120年に一度しか咲かないと言われている竹の花。本紙記者は真相を確かめるべく、倉根さんや植物に詳しい専門家に話を聞いた。

4月から少しずつ

 倉根さんは45年前から星川に住み、自宅でホタルブクロなどの高山植物を育てている。約30年前に知人からもらった盆栽は「松竹梅」がテーマ。数種類の植物が生えている。盆栽の植物の名前は不明だというが、「一つはササダケだと思って育ててきた」と語る。

 そんなササダケに変化が見られたのは4月。倉根さんは盆栽の手入れをしている時、ササダケに一輪の白い花が咲いているのに気付いた。10年以上前にも開花を確認したが、今回は徐々に花が増えたため、注目するようになったという。近隣住民から「初めて見た。珍しい」との声が聞かれ、話題を呼んでいる。

 6月6日、記者が倉根さんの自宅を訪問した際には、7輪ほど咲いていた。倉根さんの妻・あき子さん(76)は「数十年前に咲いた時は、主人が教えてくれなかったので初めて見た。この年齢になって気付かされることもある。勉強になるね」とほほ笑んだ。

笹かもしれない

 記者は倉根さんが育てるササダケの正体に迫るべく、「横浜市こども植物園」=南区=の職員、速水善浩さんに写真を見せて話を聞いた。速水さんは「写真を見ただけでは断定できないが、おそらく盆栽によく利用するメダケの仲間『オロシマチク』だと思われる」と分析。名前に「チク」が入っているため竹を連想するが、竹ではなく笹の一種だという。笹の仲間では日本最小で、本州や四国などに生えている。

 速水さんによると、オロシマチクに花が咲くことも珍しいという。記者はこの情報を倉根さんに報告。倉根さんは「竹だと思っていたので意外。竹でも笹でも大切に育てていきたい」と笑った。

盆栽を紹介する倉根さん
盆栽を紹介する倉根さん

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

橘中吹奏楽部を指導

神奈川フィル

橘中吹奏楽部を指導

区との協定締結で実現

7月18日

全校実施へ計画前倒し

市立中不登校生徒支援事業

全校実施へ計画前倒し

「重大事態の調査結果」受け

7月18日

公式キャラデザイン公募

保土ケ谷区

公式キャラデザイン公募

決定は区民の投票で

7月11日

市、テレビで自動通知

緊急情報

市、テレビで自動通知

事業促進へ端末費用補助

7月11日

コロナ前水準に回復

横浜市観光客数

コロナ前水準に回復

前年2割増の3600万人

7月4日

2店舗が先行オープン

星天qlayEゾーン

2店舗が先行オープン

天王町駅東口で7月12日

7月4日

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 6月13日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook