神奈川区版 掲載号:2012年10月18日号
  • googleplus
  • LINE

区役所主催の「わが町 かながわ とっておき」写真教室で講師を務める 高須賀 豊重さん 大口通在住 81歳

「写真の楽しさ伝えたい」

 ○…多くのカメラ好きが足繁く通う、大口1番街の「ペンギンカメラ」。現在は会長として店を継いだ息子らを支え、神奈川地区センターや横浜そごうで写真教室も開いている。10月24日・27日には、区役所で写真教室の講師を務める。「シャッターを押すだけじゃ写っているだけ」。同教室ではカメラの仕組みを知り、それぞれが求める構図を作れるよう指導する。「カメラを知ればもっと写真が楽しくなる。それをみんなに伝えたい」。そう身を乗り出して語る。

 ○…愛媛県は松山、道後温泉の近くで育つ。高校1年生の時にカメラを買ってもらったが、自分の思い描く写真が撮れなかった。「どうしてだろうって。この日からカメラの仕組みを勉強するようになった」。そして「被写界深度」をテーマに、絞りとシャッターの動きを研究した。社会人になってからは、警察の鑑識として写真担当を務め、自衛隊でも通信班でカメラを構えた。雪の中、隊員たちがロープを伝って歩く姿を捉えた1枚は『雪と隊員』と題し、人生で最も記憶に残っている1枚だという。

 ○…ペンギンカメラを開店し、店で初めて写真教室を開いたときは1人しか来なかった。「たった1人、鶴見警察の警官だった」。その後、顧客の紹介で横浜そごうでの写真教室を担当することになった。「あの人に出会わなかったら、多くの人に教えられる機会はなかっただろう」と振り返る。7年前には東京工芸大学芸術別科で1年間カメラの勉強をするなど、カメラへの探求に余念がない。

 ○…「生きる」をテーマに作品集を制作中。「なかなかいいのが撮れなくて、まだ4枚だけ」と困ったように笑う。妻と息子2人、孫に囲まれて暮らす。「感性だけではうまく撮れない。カメラの仕組みを知れば楽しみが増える。それを一人でも多くの人に知ってもらいたい」。カメラへの愛だけじゃない、カメラを愛する人への愛もいっぱいだ。

神奈川区版の人物風土記最新6件

佐伯 美華さん

学校・地域コーディネーターとしてキャリア教育の充実を図る

佐伯 美華さん

2月15日号

江端 広樹さん

済生会東神奈川リハビリテーション病院の院長に就任した

江端 広樹さん

2月8日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月1日号

河崎 力さん

成人式応援プロジェクトを指揮する

河崎 力さん

1月25日号

岩井 璃那(りな)さん

神奈川区が主催する写真コンテストの小中学生部門で最優秀賞に輝いた

岩井 璃那(りな)さん

1月18日号

貝川 弘行さん

青少年のバンドとダンスの祭典「B-SKY FES」の実行委員長として尽力する

貝川 弘行さん

1月11日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

打楽器フェス

打楽器フェス

3月10日、11日かなっくホールで

3月10日~3月11日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク