神奈川区版 掲載号:2016年4月28日号 エリアトップへ

横浜市民防災センターの所長として自助・共助の重要性を発信する 宮川 淳一さん 神奈川区在勤 55歳

掲載号:2016年4月28日号

  • LINE
  • hatena

出会いを可能性に

 ○…1年かけて工事が行われ、この春リニューアルオープンした横浜市民防災センター。大規模災害が今日にも起きるかもしれない状況下、自助・共助を推進する中核施設の所長として「市民の皆さまには、災害に備えて行動しようという強い気持ちを持って、ぜひ防災センターに来ていただければ」と引き締まった表情で語る。

 ○…昨年4月に着任。市消防局のみならず、市をあげての重点施策の一つでもあり「設計に携わった仲間の思いも背負ってオープンに向けて準備してきた」と胸をはる。来館してもらう仕組みづくりに頭をひねる日々。特に、防災の担い手となりうる子どもたちに向けた発信は「小学校での授業の一つに取り入れるなどできれば」と、多方面へ働きかけている。

 ○…消防という枠にとらわれずに可能性を探るフットワークの軽さは、15年前に出向した総務局危機管理室での経験が生きている。「災害時の横浜駅混乱防止対策を担当したとき、鉄道会社や事業所などと連携をとった経験は大きい」と振り返る。9月に発生した米同時多発テロの際には、他政令市や国の担当者との連携に尽力した。

 ○…逗子出身で高校時代からサーフィンに熱中。消防士という道は、市職員の叔父が「『当直勤務で趣味の時間も作りやすい』と勧めてくれた」と苦笑いする。大学卒業後に入局。新米消防士を育てた教育課長時代には「キャリアの8割が予期しない出来事や出会いで決まるという理論をよく話した」と、与えられた役割をチャンスととらえて成長できることを伝えてきた。

 ○…19年前に友人に誘われて始めたフラダンスは、地元の祭りで披露するほどの腕前。妻と踊るのは恥ずかしいが、「ダンスイベントもいいかもしれない」と防災センターで披露する日もそう遠くなさそうだ。「1人でも多く来ていただき、自助・共助が市民全員に浸透することをめざしたい」

神奈川区版の人物風土記最新6

松信 健太郎さん

県内を中心に40店舗展開する(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

10月22日号

大鈴 はるみさん

女性アイドルグループ「仮面女子」のメンバーで、2代目おおだこポリスとして防犯活動を行う

大鈴 はるみさん

区内在住 20歳

10月15日号

伊藤 忠房さん

みどりと水を守り育てる地域環境向上委員会の委員長を務める

伊藤 忠房さん

菅田町在住 82歳

10月8日号

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

栄区在住 23歳

10月1日号

小野寺 知恵さん

8月に発足した「大神商店会」で会長を務める

小野寺 知恵さん

大口通在住 50歳

9月24日号

中野 義人さん

9月1日付でNPO法人未来塾の2代目塾長に就任した

中野 義人さん

横浜市在住 82歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク