神奈川区版 掲載号:2016年11月3日号 エリアトップへ

ミスター高橋の 連載 「貯筋」の心得 【20】気分爽快プロレス観戦

掲載号:2016年11月3日号

  • LINE
  • hatena

 久々のプロレス観戦を満喫。その晩は美酒に酔い、女房相手の情懐話が止まらなかった。先月10月16日。レッスル・ワンのチャリティ大会保土ヶ谷スポーツセンターでのことである。今回、あえて観戦記を書きたくなったのは、私がリングに上がっていた頃とは場内の雰囲気がガラッと変わり、目にする全てがすこぶる健康的だったからである。

 見事にショーアップされた試合パフォーマンスもさることながら、観戦マナーの良さには心底驚かされた。プロレス愛溢れる観衆の乗りが、浦島太郎状態の私にはまさに夢空間。歴史は確実に変貌を遂げた。昨今のファンはプロレスを心から楽しんでいると痛感したが、かつては憂さ晴らし目的の来場者も少なくはなかったのだ。往時の業界はプロレス真剣勝負を頑なに主張。しかし、中には懐疑を抱く観客もおり、その噴根が招いた暴動事件は何度も起きた。一時期プロレス崩壊の危機とまで言われた時代には、「屁理屈言わずに黙って観てろ」という手前味噌なアングルもあった。ところがファン側も抵抗を示し、次第に客足が遠のいてしまったのである。そのような疎ましい教訓が今日のレスラーとファンの融和を生んだのではないだろうか―。

 さて、メインイベントで勝利を手にした地元出身のKAI選手。躍動的決め技のダイビング・ボディプレスにも目を見張ったが、試合後にマイクをつかみ観客に語りかけた至言には痛く感動した。「プロレスはレスラーだけでは出来ません。お客様あってのプロレスです」。大入りの観衆は拳を突き上げ「ありがとう」を絶叫。歓喜の渦が天井を震わせた。場内はその日の秋晴れ同様、実に爽やかだった。
 

神奈川区版のコラム最新6

絵日記からリユース瓶へ

絵日記からリユース瓶へ

市資源リサイクル事業協同組合

5月7日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私

「令和はシュウマイの時代」

4月22日号

安心・安全・安定軸に次代へ

安心・安全・安定軸に次代へ

 三基 30周年/白幡南町

12月24日号

誘致計画、不透明さ増す

〈連載【13】〉市、実施方針公表を再延期 IRと横浜

誘致計画、不透明さ増す 社会

9月17日号

2つの署名活動 秋に開始

〈連載【12】〉リコール、住民投票求める IRと横浜

2つの署名活動 秋に開始 社会

8月27日号

一株一株、丹精込めて

―社長列伝― vol.24

一株一株、丹精込めて

武花園 平本尚寛さん

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter