神奈川区版 掲載号:2017年8月24日号 エリアトップへ

(PR)

「目の異常、気づいてますか」 市邉医師に聞く「眼科検診の大切さ」

掲載号:2017年8月24日号

  • LINE
  • hatena
眼科医のスタッフ
眼科医のスタッフ

 横浜駅西口にある神奈川歯科大学附属横浜クリニックで眼科を担当する市邉義章医師に「眼科検診の大切さ」について聞いた。

 市邉医師は「片方の目に異常がない場合、もう片方の目の異常に気づかないことが多いのです」と糖尿病網膜症など自覚症状がない場合でも気づかず病気が進行していることがあるという。「手遅れになってしまう前に早期の検診が重要です。クリニックでは失明につながることの多い網膜や視神経など、眼底の病気の早期発見に力を入れています」と語る。 

 同クリニックでは北里大学病院眼科の関連施設として日本人の失明原因第一位である緑内障や目が開けづらいなどの眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の専門医が対応するほか、北里大の白内障専門医による手術を毎週月曜日に行っている。市邉医師は「北里大学病院など各機関との連携により、専門的な検査、治療を患者様に提供しています。目のことなら何でも相談してください」と話す。

市民公開講座9月9日(土)

 「みる力、視力について」を君島真純視能訓練士が講座を開く。参加希望者は、9月8日 までに地域医療連携室【電話】045・313・5047へ事前申し込みを。

神奈川歯科大学附属横浜クリニック

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-31-6

TEL:045-313-5047

http://www.hama.kdu.ac.jp

神奈川区版のピックアップ(PR)最新6

飲むほどに「花粉症」を体質改善

反町駅近の大丸薬局

飲むほどに「花粉症」を体質改善

薬剤師が勧める漢方配合鼻炎薬

2月20日号

けやき荘でカフェ開催

特別養護老人ホーム「けやき荘」

けやき荘でカフェ開催

2月20日号

医師らに学ぶ健康の知恵

東部病院無料講座

医師らに学ぶ健康の知恵

「認知症」「腎臓病」「緩和ケア」の3テーマ

2月13日号

春告げる梅まつり【新型コロナウイルス感染及び蔓延防止のため、特設ステージイベント・屋台の模擬店は中止となりました】

イスの張替えはお任せ

イスの張替えはお任せ

家具修理専門「家具のサイトウ」

2月6日号

暮らしとこころの相談会

自殺対策強化月間

暮らしとこころの相談会

弁護士会、7日から予約受付

2月6日号

地域の人材、今年度も募集

横浜市

地域の人材、今年度も募集

放課後の児童見守り

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク